コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エンクロージャー えんくろーじゃー

7件 の用語解説(エンクロージャーの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

エンクロージャー

もともとは筐体という意味で、コンピュータースピーカの「箱」を指す言葉。コンピューターをユニット化したブレードサーバーラックサーバーでは、複数のユニットを収容するための入れ物をさす。また、記憶媒体を収容する「ディスクエンクロージャ」などもある。ラックサーバーにおいては、アメリカ電子工業会(EIA)で規格化されており、同一カテゴリ内で互換性がある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

エンクロージャー(enclosure)

中世末から近代にかけて、特に英国で、それまで開放耕地制であった土地を、領主や地主が牧羊場や農場にするため垣根などで囲い込み、私有地化したこと。その結果、耕地を失った農民の都市流入や賃労働者化を招いた。囲い込み。
オーディオ機器キャビネットのこと。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

エンクロージャー

開放耕地下の耕地と共同地を垣根などで囲い込み,共同用益権を排除すること。囲込み運動とも。牧羊と農業改良を目的とし,その典型は英国で第1次(15世紀末―17世紀半ば)と第2次(18世紀半ば―19世紀初め)の2度行われ,農業の資本主義化と農民の賃労働者化とを促進した。
→関連項目開放耕地制度原始的蓄積産業革命農業革命分割地農民

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エンクロージャー【enclosure】

土地の周囲を生垣,石垣,土手等で囲い込むこと,あるいは囲込み地のことをさし,単に〈囲込み〉ともよぶ。開放耕地制度下における共同体的土地所有・利用(共同耕作,共同採草,共同放牧等)を廃止し,土地の私的所有,個人的利用を実現するために行われたものであり,イギリス農業の近代化にとってきわめて重要な役割を果たした。なかでも重要なのは,16世紀の〈第1次エンクロージャー〉と18世紀後半から19世紀前半にかけての〈第2次エンクロージャー〉である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

エンクロージャー【enclosure】

囲い込むこと。
機械類を入れる箱。筐体きようたい
同封物。
かこい込

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エンクロージャー
エンクロージャー
enclosure; inclosure

未開墾地,共有地,開放耕地などを石垣,生垣その他の標識で囲み私有地であることを明示すること。「囲い込み」と訳される。その中では共同体的諸規制から離れた個人本位の資本主義的土地経営が目指される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エンクロージャー
えんくろーじゃー
enclosure

「囲い込み」と訳される。従来共同利用が認められていた土地に、生け垣、塀などを巡らして私有地であることを明示することをいう。イギリス史において、エンクロージャーが大規模に行われ、社会の大問題となったのは前後2回ある。[角山 榮]

第一次――農民的、領主的エンクロージャー

第一次エンクロージャー運動は、15世紀末から17世紀中ごろにかけて起こった。第一次エンクロージャーには二つのタイプがみられた。一つは、農民たちが共同体的規制から解放され、個人主義的農業を営むために、その分散した保有地、地条を相互の合意によって交換し、まとまった農地にする農民的エンクロージャーである。いま一つは、領主的エンクロージャーで、これは領主が主として牧羊場にするために、農民の利害を無視して暴力的に耕地や共同地を囲い込んだもので、ミッドランド地方を中心に吹き荒れ、大きな社会問題を引き起こした。トマス・モアが『ユートピア』のなかで「羊が人を食う」といったのもこのときのことである。土地を追われた農民は浮浪人となって全国をさまよい歩いた。そこで政府は、エンクロージャーによる治安の乱れと人口の減少を恐れて、しばしばエンクロージャー禁止令を出したが、これを抑止できず、そのためにエンクロージャーに反対する農民一揆(いっき)が各地で頻発した。[角山 榮]

第二次――議会エンクロージャー

ついで18世紀初めから19世紀中ごろまで続いた第二次エンクロージャーが起こった。これは改良農法の必要のために起こったもので、大地主が議会を通じて個別的にエンクロージャー法を獲得し、合法的に土地を囲い込んだので、これを「議会エンクロージャー」とよんでいる。議会エンクロージャーは、四種輪作法など新農法が普及し始めた18世紀中ごろから急速に増加し、都市における産業革命の進展に大きな役割を果たした。
 しかし、個々の立法措置によって囲い込むことは、弁護士とか調査員、技術者の経費、垣をつくる経費などが高くついたので、その経費を少しでも緩和するため、1836年および45年の法令によって、一定の条件さえ整っていれば囲い込みできることになった。こうして、イギリス全土はほぼ完全に囲い込まれてしまい、中世以来の三圃(さんぽ)式開放耕地、共同牧草地、荒蕪(こうぶ)地は姿を消して、私有化された耕地になった。ただ、1865年以後「共同地保全協会」Commons Open Spaces and Footpaths Preservation Societyその他の自然保護団体の運動によって、北部諸州の荒地をはじめ、ウィンブルドン・コモンWimbledon Common、ハンプステド・ヒースHampstead Heathなど全国で約150万エーカー(イングランド・ウェールズの全面積の約4%)の共同地が囲い込みを免れた。[角山 榮]

第二次エンクロージャーの影響

ところで、囲い込まれた耕地では、地代が騰貴するとともに、穀物生産のための資本主義的大農経営が行われ、農業生産力は著しく上昇した。とくに1793~1815年のナポレオン戦争時には、国内市場および軍需用の食糧需要増大を背景に、農業は繁栄し、それがまたエンクロージャーをいっそう促進した。一方、囲い込みによってヨーマン(独立自営農民)ないし小土地所有者の没落が促され、彼らは工業労働者として都市へ流出するか、農業労働者として農村にとどまった。ただ、ヨーマン層の没落については、18世紀中ごろまでに姿を消していたという旧来の説に対し、最近では、没落期をナポレオン戦争後の不況期以後に置く説が有力である。こうした農業革命の結果、イギリスの農業人口の比率は、1750年ごろには約70%であったのに、1831年には24.6%、1851年には21.7%へと急激な減少を示したのである。[角山 榮]
『小松芳喬著『イギリス農業革命の研究』(1961・岩波書店) ▽椎名重明著『イギリス産業革命期の農業構造』(1962・農業総合研究所)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のエンクロージャーの言及

【移民】より

…17世紀末以降18世紀半ばまで,イギリスはオランダ,フランスとの断続的な戦争を繰り返すが,戦後は失業した兵士と犯罪件数の増加が社会問題となり,これを植民事業によって解決しようとした。一方,イギリスではヨーロッパの他国に先がけて地主によるエンクロージャー(土地囲込み)が進み,高騰した地代を払えない農民が移民となった。彼らは年季契約移民ほど貧しくなく,家族ぐるみで移民し,新大陸での土地購入を目的とした。…

【原始的蓄積】より

…そこで,領主,商人,上層自営農民たちが,牧羊経営のために従来の共同地を暴力的かつ投機的に囲い込み,多数の農民を農村から追放した。これがいわゆる第1次エンクロージャーである。また18世紀から19世紀初めにかけては,農業技術の進歩にともなって,耕地および共同荒地の大規模な囲込みが進められた。…

【賃労働】より

…だから賃労働が支配的な形態となるためには,単なる社会への商品経済の浸透だけではなく,封建的な束縛から解放され,またこれといった生産手段をもたず,したがって生活手段ももたない,いわゆる〈二重の意味で自由〉な労働者が歴史的にまた恒常的につくりだされねばならなかった。歴史的には,これは封建的家臣団の解体やイギリスで最も典型的にエンクロージャー(囲込み運動)として現れた農民の土地からの追い出しによって行われた。 労働の対価として受けとる賃金労働力の価値に相当し,したがって労働者は労働力を再生産するに必要な生活資料を買い戻せるにすぎないことによって,労働者が資本の再生産過程に繰り返し登場する。…

【麦】より

…ただし,このような農法(コムギ→クローバー→オオムギ→カブ)を行うためには,従来のような分散所有制(農民の所有する耕地が多くの小地片に分かれて,村の中に分散している状態)から個人農場制(交換分合によって1ヵ所に耕地を集中し,その周囲に垣根をめぐらす状態)に変換されなければならない。これを〈囲込み〉(エンクロージャー)という。囲込みの進展とともに,畜産物と麦,とくにコムギの生産は飛躍的に増加した(農業革命)。…

※「エンクロージャー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エンクロージャーの関連情報