コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エンジニアリング・エコノミー えんじにありんぐえこのみーengineering economy

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エンジニアリング・エコノミー
えんじにありんぐえこのみー
engineering economy

特定の技術的制約のもとで経済目的をもっとも効果的に達成することのできる手段や行動案を選択、決定するための理論および手法。EEと略称したり、経済性工学と訳したりすることがある。もっとも代表的な具体的内容は、企業について長期的利潤を極大化するような手段や行動案を選択、決定する経済モデルである。EEが取り扱う主要な内容としては、(1)設備投資の経済計算、(2)生産資源割当の経済計算、(3)原価と工数低減の経済計算、(4)人的資源の経済計算、(5)品質と原価の経済計算、(6)製品選択の経済計算などがある。設備投資の経済計算の場合をみると、一定の技術的能力をもった設備について、危険と不確実性、資本コスト、技術進歩による陳腐化(旧式化)などを勘案しながら、投資すべきか否か、投資すべきであるとした場合のもっとも有利な案はどれか、いつ投資すべきか、何年にわたって行うかなどを決定する。この例が代表するように、現在のEEは、技術的制約のもとでの経済分析を通じて、企業の物的・人的資源を計画化し、もって利潤極大化に寄与することを目ざすものである。その手法は経済学、会計学、数学、物理学、工学などの学際性をもっている。EEの起源はかならずしも明確ではないが、思想としては、19世紀末にアメリカ人R・H・タウンが説いた「経済家としての技師」にあることは一致して認められている。[森本三男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

エンジニアリング・エコノミーの関連キーワード投資効率