コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オゾン層保護法 オゾンそうほごほう

3件 の用語解説(オゾン層保護法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オゾン層保護法
オゾンそうほごほう

昭和63年法律53号。正称「特定物質の規制等によるオゾン層の保護に関する法律」。国際的に協力してオゾン層の保護をはかる法律。1970年代,世界中で工業用としてフロン(→フルオロカーボン)などの物質が大量に使用され,地球をとりまくオゾン層の破壊が進んでいることが問題となった。1980年代にフロンの使用を規制するオゾン層の保護のためのウィーン条約およびオゾン層を破壊する物質に関するモントリオール議定書が採択され,その的確かつ円滑な実施のため,フロン等の製造の規制と排出の抑制,および使用の合理化に関する措置を講ずることを目的として制定された。(→オゾン層の破壊

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オゾン層保護法
おぞんそうほごほう

オゾン層の保護に関するウィーン条約(1985年採択)およびその下のモントリオール議定書(1987年採択)に対応するための国内法。正式名称は「特定物質の規制等によるオゾン層の保護に関する法律」(昭和63年法律第53号)である。なお、オゾン層保護法は、モントリオール議定書に定められている義務に対応することにとどまらず、オゾン層保護のための対策を積極的に推進することも目ざしており、後述のように、特定物質の使用者に対して排出抑制努力を義務づけている。
 オゾン層保護法は、モントリオール議定書の付属書A、B、CおよびEに掲載されているオゾン層の破壊にかかわる特定物質ごとに定められた段階的削減期限に基づいて、特定物質の生産量および消費量に基準限度を定めている。対象とされている特定物質は、クロロフルオロカーボン(CFC)、ハロン、四塩化炭素、1,1,1‐トリクロロエタン(メチルクロロホルム)、ハイドロクロロフルオロカーボン(HCFC)、ハイドロブロモフルオロカーボン(HBFC)、ブロモクロロメタンおよび臭化メチル(ブロモメタン)である。2012年時点では、付属書CのグループIに属するHCFC(全廃期限は2030年)以外は、生産および消費ともに全廃が義務づけられている。HCFCについては、「今後のオゾン層保護対策のあり方について(中間報告)」(化学品審議会オゾン層保護対策部会、1996年3月14日)において用途ごとに定められた目標に基づいて削減が行われている。
 上記の基準限度の遵守を確保するため、具体的には、特定物質の製造者には経済産業大臣の許可を、その輸入者には「外国為替及び外国貿易法」の下の輸入承認を、また、その輸出者には、経済産業大臣への輸出数量などの年次届出を、それぞれ義務づけている。他方、特定物質の使用者には、定められた指針に基づいて特定物質の排出抑制と合理的使用に努めることが求められている。
 なお、特定物質の使用者に対する排出抑制については、上記のCFCおよびHCFCに加えて、京都議定書の対象とされているハイドロフルオロカーボン(HFC)を含む3種類のフロン類を対象として、フロン回収・破壊法においても定められている。[磯崎博司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オゾン層保護法の関連情報