コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オナガガモ オナガガモ Anas acuta; northern pintail

4件 の用語解説(オナガガモの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オナガガモ
オナガガモ
Anas acuta; northern pintail

カモ目カモ科。全長 70cm(雄)。雄は頭部および後頸部が濃褐色,背面と脇腹に白色と灰色の細かな横斑が密にある。胸腹部は白く,尾の下側は黒い。尾羽は黒く,中央の 2枚は特に長く伸びている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

オナガガモ

ガンカモ科の鳥。翼長25cm。雄は黒色の長くとがった尾が顕著。雌の尾は長くない。ユーラシア〜北米大陸の中部以北で広く繁殖し,冬は南へ渡る。日本には冬鳥として渡来し全国の湖沼や池に多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

オナガガモ【pintail】

カモ目カモ科の鳥(イラスト)。全長雄は約75cm,雌は約53cm。雄は頭がチョコレート色,前頸(ぜんけい)から腹にかけては白く,体は細かい白と黒の模様で銀色に見える。尾羽は黒く,名のように中央の1対が著しく長いのが特徴。くちばしは青灰色。ユーラシア大陸,北アメリカ北部で繁殖し,冬季は南方に渡る。日本には冬鳥として全国に渡来し,とくに近年渡来数が増加している。餌は水生植物の種子や若芽などで,昼間池などで水底にある餌を逆立ちしてとっていることも多いが,主として夜間,水田や湿地で採食する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オナガガモ
おなががも / 尾長鴨
pintail
[学]Anas acuta

鳥綱カモ目カモ科の鳥。全長約70センチメートルで頸(くび)が他種より長く、体形も長飛行に適し、全北区に広く繁殖しているが、アフリカ、インド、南アジア、フィリピンにまで渡る。北アメリカから日本に渡来するものがあり、群集性が強い。南半球のケルゲレン島とクロゼット島にそれぞれ別の亜種が分化している。そのほか、キバシオナガガモはアンデス山地から南極圏のサウス・ジョージア島まで、ホオジロオナガガモは中央アメリカのアンティル諸島から南アメリカおよびガラパゴス諸島に、アカハシオナガガモはアフリカに分布している。[黒田長久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オナガガモの関連キーワード黒鳥瘤白鳥縞味晨鳧ガン(雁)ハクチョウ(白鳥)オシドリ(鴛鴦)カモメ(鷗)ホオジロガモ(頰白鴨)マガモ(真鴨)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オナガガモの関連情報