コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オモダカ(沢瀉) オモダカarrowhead

翻訳|arrowhead

世界大百科事典 第2版の解説

オモダカ【オモダカ(沢瀉) arrowhead】

水田や浅い池や水路にはえるオモダカ科多年草(イラスト)。地下に走出枝を出し,その先に小さい球茎をつける。葉は根生する。幼植物の葉は線形で沈水性であるが,後にできる葉は長い柄があって直立し,水面より上に出る。葉身基部が二つに裂けた矢じり形で,頂裂片は長さ7~15cm。8~10月に高さ20~80cmの直立する花茎を出し,3個ずつ花を輪生する。大きな花序では複輪生となる。花序の上部に雄花,下部に雌花をつける。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のオモダカ(沢瀉)の言及

【クワイ(慈姑)】より

…オモダカ科の水生多年草(イラスト)。地下の塊茎を食べるが,野菜として栽培されているのは日本と中国に限られる。クワイの名は〈鍬芋(くわいも)〉の略で,葉と葉柄の形が農具のくわに似ているところからきている。草丈は90~120cmで,葉柄は長く,葉は直立する。葉身はやじり形で特徴がある。株は全体に平滑で緑色,無毛でつやがある。地下茎から多くの匍匐(ほふく)枝を出し,先端に球形,楕円形または扁球形の塊茎をつける。…

※「オモダカ(沢瀉)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android