コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オモトショ オモトショOmotoso, Kole

2件 の用語解説(オモトショの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オモトショ
オモトショ
Omotoso, Kole

[生]1943.4.21. イギリス保護領ナイジェリア,アクレ
ナイジェリアの小説家,劇作家,評論家。ヨルバ族出身。イバダン大学アラビア文学を学び,イギリスのエディンバラ大学で博士号を取得後,1972年帰国。イバダン大学,イフェ大学でアラビア文学を教える。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オモトショ
おもとしょ
Kole Omotoso
(1943― )

ナイジェリア、ヨルバ・ランド出身の小説家、劇作家、評論家。イバダン大学卒業後、エジンバラ大学で現代アラブ文学を専攻し、博士号を取得。1972年に帰国し、イバダン大学、イフェ大学でアラブアフリカ文学を講じ、のち南アフリカのウェスタン・ケープ大学教授となった。英語文学のヨルバ語化、土着文化の育成に意欲的。売春婦の母が自殺して、わが身をアフリカの未来のための生贄(いけにえ)に捧(ささ)げる悲劇を描いた代表作『生贄』(1974)のほかに、小説に『建造物』(1971)、ナイジェリア市民戦争(ナイジェリア戦争)をテーマとした『戦闘』(1972)、ナイジェリア最初の推理小説『フェラの選択』(1974)、社会の不平等を諷刺(ふうし)した『尺度』(1976)、『最近のブーム回想』(1982)、『夜明け寸前』(1988)、短編集に『奇蹟(きせき)』(1973)、『チャンスの王国』(1982)、社会諷刺(ふうし)劇に『呪詛(じゅそ)』(1976)、『地平線の影』(1977)、評論集に『アフリカ小説の形式』(1979)、『劇的なものから劇へ』(1982)、『南部移住の季節』(1994)、『アチェベかショインカか』(1995)があり、雑誌『ウェスト・アフリカ』のコラムニストとしても活躍している。[土屋 哲]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

オモトショの関連キーワード育英制度風切群馬大学順天堂大学信州大学野見山暁治バーグマンハマースタイン毛利武士郎ローリング・ストーンズ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone