コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オランピア オランピア Olympia

翻訳|Olympia

3件 の用語解説(オランピアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オランピア
オランピア
Olympia

É.マネが 1863年に制作した油彩画 (オルセー美術館) の題名で,作品に描かれた裸婦の名。本来は A.デュマの『椿姫』に登場する恋がたきの名。 65年のサロンに出品されたとき,友人の詩人アストリュクがその詩『島の娘』でオランピアの名を用いたことから,作品の題名として,また描かれた女の名として一般に用いられるようになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

オランピア

マネが1865年のサロンに出品した絵。ゴヤの《裸のマハ》,ティツィアーノの《ウルビノビーナス》などの構図を学び,色彩はベラスケスの影響を受けている。近代都市生活に取材した大胆な主題と明快な色調が,1863年発表した《草上の昼食》と並んで,のちに印象主義を形成する当時の若い画家たちに大きな影響を与えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

オランピア

フランスの画家エドゥアール・マネの絵画(1863)。原題《Olympia》。1865年のサロンに入選。娼婦という現実の女性の裸体を描いたことが不道徳とされ、スキャンダルを引き起こした。『草上の昼食』に並ぶマネの代表作の一つ。パリ、オルセー美術館所蔵。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オランピアの関連キーワード中畑艸人セネガルネガ淡彩画特番油彩ピメンタ油寺田春弌床次正精山口進

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オランピアの関連情報