コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オランピア Olympia

翻訳|Olympia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オランピア
Olympia

É.マネが 1863年に制作した油彩画 (オルセー美術館) の題名で,作品に描かれた裸婦の名。本来は A.デュマの『椿姫』に登場する恋がたきの名。 65年のサロンに出品されたとき,友人の詩人アストリュクがその詩『島の娘』でオランピアの名を用いたことから,作品の題名として,また描かれた女の名として一般に用いられるようになった。アングルのオダリスクゴヤマハと同様,近代絵画の代表的裸婦像の名として著名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

オランピア

マネが1865年のサロンに出品した絵。ゴヤの《裸のマハ》,ティツィアーノの《ウルビノビーナス》などの構図を学び,色彩はベラスケスの影響を受けている。近代都市生活に取材した大胆な主題と明快な色調が,1863年発表した《草上の昼食》と並んで,のちに印象主義を形成する当時の若い画家たちに大きな影響を与えた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

オランピア

フランスの画家エドゥアール・マネの絵画(1863)。原題《Olympia》。1865年のサロンに入選娼婦という現実の女性の裸体を描いたことが不道徳とされ、スキャンダルを引き起こした。『草上の昼食』に並ぶマネの代表作の一つ。パリ、オルセー美術館所蔵。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

オランピアの関連キーワードシャンソン(フランスのポピュラー・ソング)モリス(Robert Morris)クラーク(T. J. Clark)エディタ グロベローヴァサルヴァトーレ アダモウルビーノのヴィーナスシャルル アズナヴールジュリエット グレコデジレ ランカトーレマリア シュターダーメラニー ホリデイリタ シュトライヒナタリー デセイグルベローバホフマン物語ブラッサンス石井 好子フランスベーカーレーリス

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オランピアの関連情報