コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オンドル

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オンドル

朝鮮半島や中国東北部で用いられている床暖房。伝統的なものは,石や煉瓦で約 60~80cmの高さに床をつくり,その上に土を塗り油紙をはるなどして気密性を高め,床下の一端に台所などの焚口を設けて,焚口からの煙が床下を流れて部屋の反対側にある煙突に抜けるという構造。煙によって床が暖められ,床からの放射暖房ともなる。床にじかに座る朝鮮の生活様式に対応しており,床上に薄い敷物を敷いて寝ることも多い。燃料には柴やたきぎなどが用いられていた。水平の煙道が長いため燃料への点火が難しく,設計によっては不完全燃焼となり,床にすきまができると一酸化炭素中毒を起こすおそれもあった。今日の大韓民国(韓国)では,電気やガスのボイラで熱した温水をパイプで床下に流す方式が多くなっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オンドル
おんどる

放射暖房の一種。床下に燃焼ガスを通すことにより床の全体または一部を加熱するものをいう。中国では(カン)、朝鮮で温突(オンドル)とよぶ。は寝床のみ暖めるのに対し、温突は床全体を暖める。これは、中国は腰掛式、朝鮮は座式という生活様式の違いによる。歴史的にはのほうが古い。起源の考察に関しては、村田治郎の論文「温突とカンの起源に関する考」(『建築学研究』第27、28号所収・1929)に詳しい。類似の暖房法として古代ローマにもハイポコースト(ヒポコースト)hypocaustがあった。
 構造材料には土、石など身近なものが使用される。構造は簡単で、土間の上に煙道を設け、その上に板石を敷き、土石、油紙を用いて床を張るが、のほうが表面仕上げが粗末である。焚(た)き口はかまどと共用され、燃料には薪、石炭などが用いられる。自然対流を利用するので煙道は流れの抵抗を小とする形状にし、灰の掃除の便利、煙の逆流防止にくふうがなされているが、燃焼ガスの漏れによる中毒、床表面の乾燥による埃(ほこり)などの問題がある。
 炊事と暖房とが兼用でき、床暖房で暖房効果がよいため、現在でも中国、朝鮮の北緯40度以北で推定1億人が使用している。[寺井俊夫]
『田中良太郎「オンドルの話」(『建築界』第三巻第12号所収・1957・理工図書)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

オンドルの関連キーワード延安(朝鮮民主主義人民共和国)パネル・ヒーティングパネルヒーティングオンドル(温突)カラ・バルガスン雄基松坪洞貝塚ウィルフリード後生掛[温泉]八幡平温泉郷松石 安治蒸ノ湯温泉後生掛温泉ペトリン民家住居族譜チマ冷麺

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オンドルの関連情報