コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オーエンズ

百科事典マイペディアの解説

オーエンズ

米国のアフリカ陸上競技選手。少年時代から陸上競技で頭角をあらわし,奨学金を得てオハイオ州立大学に入学。1935年,ミシガン州の競技会で45分の間に3種目の世界新記録,1種目で世界タイ記録をつくり,〈トラックの奇跡〉といわれた。
→関連項目ブランデージ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オーエンズ【James Cleaveland Owens】

1913‐80
アメリカの陸上競技選手。愛称ジェッシー。アラバマ州ダンビルの黒人綿つみ小作人の家に生まれる。少年時代から陸上競技に天才的な能力を発揮し,奨学金でオハイオ州立大学に入学。1935年5月25日,アナーバー(ミシガン州)の競技会で,45分間のうちに,走幅跳び(8m13),220ヤード(20秒3),220ヤード障害(22秒6)の3種目で世界新記録,100ヤードで世界タイ記録(9秒4)を作って,〈トラックの奇跡〉といわれた。

オーエンズ【Michael Joseph Owens】

1859‐1923
アメリカのガラス技術者,経営者。バージニアの炭鉱夫の息子で,ガラス工として育ち,1898年自動製瓶機を発明し,これに付随する4種のアメリカ特許を1895‐1904年に取得した。〈オーエンズマシン〉と呼ばれるこの装置は,窯から溶融ガラスを取り出し成形,冷却して並べるまでの工程を人手をかりずに行い,1時間に数千本の瓶を製造できる最初の完全自動機械であった。ヨーロッパでは,製瓶業者カルテルがオーエンズ・マシンのヨーロッパ特許を独占買収し,業界全体の自動化の流れを抑える傾向にあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オーエンズ
おーえんず
Michael Joseph Owens
(1859―1923)

アメリカの製瓶技術者。炭坑夫の子でガラス工として育ち、完全自動式の製瓶機を発明し、1895年と1904年に特許を得た。半自動式では毎時200本だったのを、彼は溶融ガラスを機械に配給する巻取り工程を機械化し、毎時2500本の瓶の製造を可能にした。1903年オーエンズ製瓶機会社を組織し、1915~1923年同社副社長を務め、また1916年にリッビー・オーエンズ板ガラス会社(1986年に英国のピルキントン社に吸収され、さらに同社は2006年に買収されて日本板硝子子会社となった)を組織して1923年まで副社長の地位にあった。[山崎俊雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

オーエンズの関連情報