コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オーストリア社会民主党 オーストリアしゃかいみんしゅとうSozialdemokratische Partei Österreichs

3件 の用語解説(オーストリア社会民主党の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オーストリア社会民主党
オーストリアしゃかいみんしゅとう
Sozialdemokratische Partei Österreichs

オーストリア国民党と並ぶオーストリア二大政党の1つ。 1889年 V.アドラーによって創設された。第1共和国時代にはボルシェビズム改良主義の中間を目指す政策をとり,ウィーン圧倒的な支持を得ていた。 1920年以降キリスト教社会党と鋭く対立。 33年首相に就任した E.ドルフスの弾圧に抗し,34年2月に武装蜂起したが,4日後に非合法化され,指導者の多くは国外に逃れた。第2次世界大戦後,オーストリア社会党と名称を変更。 45年 11月の総選挙で第2党につき,以後国民党との連立政権を長く維持したが,66年の総選挙で国民党に過半数を奪われ野党になった。しかし 70年3月の総選挙で戦後初めて第1党となり,B.クライスキーを首相とする単独政権を樹立した。クライスキー政権は 71,75,79年の総選挙で小差ながら絶対多数を占めた。積極中立外交政策を推進。 83年選挙で過半数を割り,第3党である自由党と連合政権を形成した。 86年選挙ではフラニツキ首相が 17年ぶりに国民党との大連合政権を樹立。 90年総選挙から党名を社会民主党に戻し,第3次フラニツキ内閣を組閣。 94年 10月,95年 12月の総選挙でも第1党の地位を守り国民党との大連立を継続した。しかし,96年のヨーロッパ議会選挙では自由党に敗れ,97年1月フラニツキ首相が辞任,後任には V.クリマ蔵相が就任した。 

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

オーストリア社会民主党【オーストリアしゃかいみんしゅとう】

アードラーViktor Adlerの指導で1889年に社会民主労働党として創立。オーストリア帝国では内部の民族問題に直面し,ドイツ人やチェコ人の民族別組織が分立し,独自なオーストリア・マルクス主義が育った。
→関連項目バウアー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オーストリアしゃかいみんしゅとう【オーストリア社会民主党】

オーストリアの政党。正称は,オーストリア社会民主労働党Sozialdemokratische Arbeiterpartei Österreichs。1888年12月30日から翌年1月1日にかけてハインフェルトの党大会で創立された。この党大会でV.アードラーは,急進的社会主義グループと穏健的グループとを統一した。党大会で決定されたハインフェルト綱領は,労働者を経済的従属,政治的無権利状態から解放すること,労働手段の社会化,労働者保護立法の制定,8時間労働制の実施,選挙法の改革などを要求していた(創立時の党員数1万5000)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone