オーティス(James Otis)(読み)おーてぃす(英語表記)James Otis

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オーティス(James Otis)
おーてぃす
James Otis
(1725―1783)

アメリカ独立革命初期の指導者。1761年にイギリス政府の臨検令状による貿易統制政策に反対する訴訟で名をあげ、植民地人の権利擁護のため論陣を張り、65年の印紙税法会議では指導的役割を演じ、68年のタウンゼンド諸法に反対して不買同盟の結成に尽力した。一方、マサチューセッツ植民地の内政の主導権をめぐって、オーティス一族を代表してトーマス・ハッチンソン一派に対抗した。69年、国王官吏との争論中に倒れ、以後政界から退いた。

[富田虎男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android