コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オーバーボローイング overborrowing

世界大百科事典 第2版の解説

オーバーボローイング【over‐borrowing】

企業の資金調達において,外部資金とくに金融機関からの借入金に過度に依存する状態をいう。日本では,高度成長期に企業の投資意欲がきわめて旺盛であったため,投資支出は自己資金を大きく上回り,その資金不足の大部分が金融機関借入金によってまかなわれた。これは,第2次大戦後,企業と金融機関とくに銀行との関係が密接になり,借入金による資金調達は起債・増資に比べて企業にとってはるかに容易であり,しかも税制上も有利であることによるものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

オーバーボローイング【overborrowing】

企業の資本構成に占める外部負債の割合が著しく大きい状態。借り入れ超過。 → オーバーローン

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オーバーボローイング
おーばーぼろーいんぐ
over-borrowing

企業の資金調達において、外部金融、とりわけ金融機関借入が過大である状態をいう。企業の資金調達は、内部留保(内部金融)や株式・社債発行(資本市場調達)によるのがノーマルであるが、第二次世界大戦後は、日本の企業の内部留保の割合は低く、株式や社債による資金調達も十分ではなかった。このため、戦後の設備投資、とくに高度成長期の旺盛(おうせい)な資金需要を満たすためには、間接金融方式が優位である日本の金融構造の下では、銀行借入が過大となるのもやむをえない状況であった。この資金需要はおもに都市銀行の貸出によってまかなわれ、都市銀行の貸しすぎ(オーバーローン)は日本銀行借用金によって充足された。このようにオーバーボローイングは、企業が安い資金調達方法を模索し、その結果、比較的低コストの銀行借入に依存したためにおきたものである。とくに企業の外部資金調達に占める銀行借入金の割合は1970~1974年(昭和45~49)には83.9%を占めたが、その後、株式・社債発行による資金調達に力を入れて体質改善に努めた結果、1980~1983年には64.7%にまで下がってきた。さらに、金利自由化が進むなかで資金調達の証券化が進み、コマーシャルペーパー(CP)や増資・転換社債・ワラント債発行などのエクイティファイナンス(株式市場を活用する資金調達)の伸長から、大企業を中心として資本市場からの資金調達が大きくなり、オーバーボローイングの解消もみられる。しかし中小企業の資金調達は銀行借入が主でオーバーボローイングといえる。[村本 孜]
『鈴木淑夫著『現代日本金融論』(1974・東洋経済新報社) ▽鹿野嘉昭著『日本の金融制度』第2版(2006・東洋経済新報社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

オーバーボローイングの関連キーワード合理化(経営)公債

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android