コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オープンハウス open house

翻訳|open house

6件 の用語解説(オープンハウスの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

オープンハウス【open house】

販売のために、見本用・紹介用として内部が公開された建売住宅。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

オープン‐ハウス(open house)

モデルハウスなどの内覧会。
企業や研究所、大学などの一般公開。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

不動産用語辞典の解説

オープンハウス

特定の案内日を決めて、数日前から物件周辺にチラシ等を配布して、売り物件があることを知らせます。
案内日に来訪したお客様は、自由に物件を見ることができ、業者はお客様の中から有力候補を探します。
実際の居室を見学できるので、買い手にとっては実生活を容易にイメージすることができます。
物件近隣でスピーディーに購入希望顧客を発見する有力な手法です。

出典|不動産売買サイト【住友不動産販売】
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かんたん不動産用語解説の解説

オープンハウス

売却中の物件を特定の日を決めて開放し、一般客に自由に見学させる販売方法。一般的に空室の物件で行われることが多いので、売主に気兼ねなく見学する事が出来る。

出典|(株)ネクストコーポレーション
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

オープンハウス

正式社名「株式会社オープンハウス」。英文社名「Open House Co., Ltd.」。不動産業。平成9年(1997)設立。本社は東京都千代田区丸の内不動産仲介業子会社不動産販売・不動産金融事業を行う。都内を中心に狭小地の戸建住宅を展開。東京証券取引所第1部上場。証券コード3288。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

オープンハウス【open house】

住宅の販促方法の一つで、期間中、希望者に予約なしで内部を公開すること。また、公開する物件。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オープンハウスの関連キーワード按針謡講定休日取り例会決め手不断念仏臍を決める通貨先物(Financial Futures)特定財源と目的税

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オープンハウスの関連情報