コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カイパーベルト カイパーベルト Kuiper belt

翻訳|Kuiper belt

3件 の用語解説(カイパーベルトの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

カイパー‐ベルト(Kuiper belt)

海王星軌道の外にある、小惑星や氷・ちりなどが密集した領域。太陽から約48天文単位以遠をリング状に取り巻いており、彗星(すいせい)の供給源であるとして、オランダ生まれの米国の天文学者 G=P=カイパーが1950年代に提唱したもの。同様の考えを40年代末に提唱したアイルランドの天文学者K=E=エッジワースの名と合わせて、エッジワースカイパー‐ベルトともいう。エッジワースカイパー帯。カイパー帯。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カイパーベルト
かいぱーべると
Kuiper's comet belt

アメリカの天文学者G・カイパーが1950年代に提唱した「彗星の巣」。太陽系のもっとも外側にある海王星のさらに外側にあり、非常に多くの小天体の集まりとされ、太陽系を周回する短周期の彗星はこの「巣」を起源とするといわれる。[長沢光男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カイパーベルトの関連キーワード外惑星冥王星型天体大惑星アテン群アモール群逆行小惑星ケンタウロス族小惑星帯天王星型惑星木星横断小惑星

今日のキーワード

パラリンピック

障害者スポーツ最高峰の大会。国際パラリンピック委員会(IPC : International Paralympic Committee)が主催している。もう1つのオリンピックという意味を表すparal...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カイパーベルトの関連情報