コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カステルヌオーボ・テデスコ カステルヌオーボテデスコ

2件 の用語解説(カステルヌオーボ・テデスコの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

カステルヌオーボ・テデスコ

イタリア生れのユダヤ系作曲家。生地のフィレンツェ音楽院でピツェッティに師事。早くから才能を開花させ,M.ラベルらの美学を継ぐピアノ独奏曲《3つの海の小品》(1916年−1919年)などでカセラの絶賛を受ける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カステルヌオーボ・テデスコ
かすてるぬおーぼてですこ
Mario Castelnuovo-Tedesco
(1895―1968)

イタリアのフィレンツェ生まれの作曲家。ユダヤ系のため、ファシストに追われて1939年渡米、ロサンゼルス音楽院で教え、映画音楽なども手がけ、同地に没した。師ピツェッティの影響を多く受け、初期の作品に優れたものが多いといわれている。代表作は、オペラマンドラゴラ』(1926)、ピアノ曲『なつかしいウィーン』(1912)、ギター協奏曲第1番ニ長調(1939)など。[細川周平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カステルヌオーボ・テデスコの関連キーワードクラウスさまよえるユダヤ人シェーンベルクシュルツパノフスキーブロッホユダヤ暦ロスカステルヌーヴォ=テデスコマイアベーア