カステルヌオーボ・テデスコ(読み)カステルヌオーボテデスコ

百科事典マイペディアの解説

カステルヌオーボ・テデスコ

イタリア生れのユダヤ系作曲家。生地のフィレンツェ音楽院でピツェッティに師事。早くから才能を開花させ,M.ラベルらの美学を継ぐピアノ独奏曲《3つの海の小品》(1916年−1919年)などでカセラの絶賛を受ける。以後マキアベリの原作によるオペラ《マンドラゴラ》(1926年),《じゃじゃ馬ならし》(1930年)に始まるシェークスピアの戯曲のための序曲などを発表し,イタリア音楽界で名声を確立した。1939年,ファシストの圧迫により米国に逃れ,1946年に市民権を得る。以後は新古典主義的作風に移行した。セゴビアに献呈された《ギター協奏曲第1番》(1939年),J.R.ヒメネス散文詩による語り手とギターのための《プラテーロと私》(1960年)などが今日では親しまれている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カステルヌオーボ・テデスコ
かすてるぬおーぼてですこ
Mario Castelnuovo-Tedesco
(1895―1968)

イタリアのフィレンツェ生まれの作曲家。ユダヤ系のため、ファシストに追われて1939年渡米、ロサンゼルス音楽院で教え、映画音楽なども手がけ、同地に没した。師ピツェッティの影響を多く受け、初期の作品に優れたものが多いといわれている。代表作は、オペラ『マンドラゴラ』(1926)、ピアノ曲『なつかしいウィーン』(1912)、ギター協奏曲第1番ニ長調(1939)など。[細川周平]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android