コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カチャーロフ カチャーロフKachalov, Vasilii Ivanovich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カチャーロフ
Kachalov, Vasilii Ivanovich

[生]1875.2.11. ビルニウス
[没]1948.9.30. モスクワ
ソ連の俳優。ペテルブルグ大学在学中から演劇サークルに参加,1900年にはモスクワ芸術座に入団し,生涯そこで活動した。さまざまな役を演じたが,なかでもジュリアス・シーザー,ウェルシーニン (『装甲列車 14-69』) ,ハムレット,イワン・カラマーゾフ役は,当代最高といわれた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

カチャーロフ(Vasiliy Ivanovich Kachalov)

[1875~1948]ロシア・ソ連の俳優。モスクワ芸術座の中心的な俳優として活躍。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

カチャーロフ【Vasilii Ivanovich Kachalov】

1875‐1948
ロシア・ソ連邦の俳優。正規の演劇教育を受けることなく俳優となり,1900年カザンから招かれてモスクワ芸術座の一員となり,ハムレット,イワン・カラマーゾフの大役を演じてその名声と地歩を確立。恵まれた容姿と音声,とくにそのせりふの抑揚・強弱・緩急の自由自在な変化による話術の妙は,いかなる形象にも深い説得性と浸透性を与えずにはおかなかった。【野崎 韶夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カチャーロフ
かちゃーろふ
Василий Иванович Качалов Vasiliy Ivanovich Kachalov
(1875―1948)

ロシア・ソ連の俳優。本名はシベルボビチШверубович/Shverubovich。ペテルブルグ大学法学部在学中に学生演劇の舞台に立ち、才能を認められ職業俳優になる。初めカザン、サラトフなど地方で舞台に立ち、1900年春からモスクワ芸術座に加わった。『三人姉妹』のトゥーゼンバフ、『イワーノフ』のイワーノフ、『桜の園』のトロフィーモフ、『どん底』の男爵、『復活』の解説者など55の重要な役柄で活躍した。[中本信幸]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

カチャーロフ

生年月日:1875年2月11日
ソ連の俳優
1948年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

カチャーロフの関連キーワードセローフ(Valentin Aleksandrovich Serov)生年月日

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android