コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カテーテルアブレーション(心筋焼灼術) かてーてるあぶれーしょんしんきんしょうしゃくじゅつ

1件 の用語解説(カテーテルアブレーション(心筋焼灼術)の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

かてーてるあぶれーしょんしんきんしょうしゃくじゅつ【カテーテルアブレーション(心筋焼灼術)】

 血管から心臓の中に細い管(カテーテル)を入れ、その先端から高周波を流すことによって心筋の一部に軽いやけどをおわせ、不整脈(ふせいみゃく)の源を取り除く治療法です。
 足の付け根に局所麻酔をして、そこの血管からカテーテルを入れていくのがふつうです。高周波を流すときはあまり痛みはありません。
 アブレーション法は、手術ではなく、心臓カテーテル検査の延長と考えてもよいのですが、成功すると不整脈が根本的に治り、薬物治療が不要になります。
 この治療法は現在、おもにWPW症候群、発作性上室性頻拍(ほっさせいじょうしつせいひんぱく)、特発性心室頻拍(とくはつせいしんしつひんぱく)に対して行なわれていますが、今後はその他の不整脈の治療にも使われていくと思われます。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

カテーテルアブレーション(心筋焼灼術)の関連キーワードカテーテル血圧計心臓カテーテル法バルーンカテーテルカテーテル治療血管内治療経鼻カテーテル心臓血管系心臓カテーテル手術冠動脈造影検査(心臓カテーテル検査)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カテーテルアブレーション(心筋焼灼術)の関連情報