コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カテーテルアブレーション(心筋焼灼術) かてーてるあぶれーしょんしんきんしょうしゃくじゅつ

家庭医学館の解説

かてーてるあぶれーしょんしんきんしょうしゃくじゅつ【カテーテルアブレーション(心筋焼灼術)】

 血管から心臓の中に細い管(カテーテル)を入れ、その先端から高周波を流すことによって心筋の一部に軽いやけどをおわせ、不整脈(ふせいみゃく)の源を取り除く治療法です。
 足の付け根に局所麻酔をして、そこの血管からカテーテルを入れていくのがふつうです。高周波を流すときはあまり痛みはありません。
 アブレーション法は、手術ではなく、心臓カテーテル検査の延長と考えてもよいのですが、成功すると不整脈が根本的に治り、薬物治療が不要になります。
 この治療法は現在、おもにWPW症候群、発作性上室性頻拍(ほっさせいじょうしつせいひんぱく)、特発性心室頻拍(とくはつせいしんしつひんぱく)に対して行なわれていますが、今後はその他の不整脈の治療にも使われていくと思われます。

出典 小学館家庭医学館について 情報

カテーテルアブレーション(心筋焼灼術)の関連キーワードWPW症候群

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android