コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カトリーヌ・ド・メディシス カトリーヌ・ド・メディシスCatherine de Médicis

3件 の用語解説(カトリーヌ・ド・メディシスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カトリーヌ・ド・メディシス
カトリーヌ・ド・メディシス
Catherine de Médicis

[生]1519.4.13. イタリアフィレンツェ
[没]1589.1.5. フランスブロア
フランス王アンリ2世の妃。メディチ家ウルビノ公ロレンツォの娘。1533年アンリと結婚,3人の国王(フランソア2世シャルル9世アンリ3世)を生んだ。シャルル9世の摂政となり,ユグノー戦争のなかにあってカトリックユグノープロテスタント両教徒の均衡の維持に努め,1563年アンボアーズの和解勅令に署名した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

カトリーヌ・ド・メディシス

フランス国王アンリ2世の妃。フィレンツェのメディチ家の出身。イタリア・ルネサンス文化の風をフランスに吹きこんだ。末期バロア朝の病弱な諸国王の母で,シャルル9世の摂政でもあった。
→関連項目イタリア料理シャルル[9世]バレエピロンフランス料理フランソア[2世]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カトリーヌ・ド・メディシス
かとりーぬどめでぃしす
Catherine de Mdicis
(1519―1589)

フランス国王アンリ2世の王妃。父はメディチ家のウルビーノ公ロレンツォ2世、母はフランス王家の血を引くマドレーヌ。1533年14歳のときオルレアン公(後のアンリ2世)と結婚し、10人の子宝に恵まれた。3人の国王と2人の王妃の母として、16世紀後半の政治と社会を大混乱に陥れた宗教戦争のなか、弱体化しつつあったバロア王家の権威の確立に寄与した。初期は寛容精神に基づく新教、旧教両派の協調の実現を目ざしたが、挫折(ざせつ)すると新教徒幹部の抹殺を企て、サン・バルテルミーの虐殺を引き起こした。彼女の個性は、美術、文化の領域でいかんなく発揮され、宮殿の造営に力を注ぎ、王権の高揚のため宴と祭りを頻繁に開催し、絵画や美術品の収集に専念し、歌謡、音楽、演劇を一つにしたバレエを創作して後のオペラの起源とした。現存の膨大な『書簡集』にその秀でた文章の資質を読み取れる。[志垣嘉夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

カトリーヌ・ド・メディシスの関連キーワードマクシミリアンムルナーマクシミリアンシャンボール城園比屋武御嶽レオナルド・ダ・ヴィンチ岐阜の地酒アンリコルテスサンフアン

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カトリーヌ・ド・メディシスの関連情報