コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カナダガン カナダガン Branta canadensis; Canada goose

3件 の用語解説(カナダガンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カナダガン
カナダガン
Branta canadensis; Canada goose

カモ目カモ科。全長 75~110cm。頭と頸は黒色で,腮(さい。あご)から眼の後ろにかけて顕著な太帯の模様がある。背面と下面は灰褐色。以前は同種,あるいは亜種とされていたシジュウカラガン B. hutchinsii は,体は小さいが似ており,本種の小型の亜種とは区別が難しい。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵miniの解説

カナダガン

鳥綱カモ目カモ科に属する北米原産の大型のガン。全長約60センチ~110センチ、体重2.3キロ~6.8キロ。背面が薄茶色、胸から腹は白~灰褐色であり、首から頭部の黒色、頬・胸元の白色が目立つ。日本には生息していなかったが、1985年に静岡県富士宮市で初めて発見されその後、関東、中部地方、他各地に定着。2010年には国内での確認数が約100羽となり、急激な繁殖により在来のガンとの交雑や食害が懸念されるようになり、同年から市民団体などが駆除を始めていた。14年には特定外来生物に指定され、15年12月8日、環境省は国内のカナダガンを全て駆除したと発表。日本で特定外来生物の根絶に成功したのは初となる。

(2015-12-10)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カナダガン
かなだがん
Canada goose
[学]Branta canadensis

鳥綱カモ目カモ科の鳥。北アメリカを代表するガンで大小12亜種があり、越冬地では大群をつくる。狩猟種としても親しまれている。全長約57~100センチメートル。頸(くび)が黒色で頬(ほお)が白く、嘴(くちばし)と足は黒い。体部は亜種により淡色型と暗色型とがある。シジュウカラガンの和名でよばれる1亜種がアリューシャン列島に繁殖し、少数が日本にも渡来したことがあったが減少し、最近では迷鳥となった。[黒田長久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カナダガンの関連キーワードカモかもかも黒鳥瘤白鳥縞味晨鳧フランクリン鴎カモカモカモ(鴨)ガンカモ類(雁鴨類)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カナダガンの関連情報