コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カペッキ Capecchi, Mario R.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カペッキ
Capecchi, Mario R.

[生]1937.10.6. ベロナ
イタリア生まれのアメリカ合衆国の科学者。第2次世界大戦中,詩人の母がナチス・ドイツのダッハウ強制収容所に収容されたため放浪生活を余儀なくされた。戦後の 1946年母とともにアメリカに渡る。 1961年アンティオーク大学アンティオーク・カレッジを卒業後,ハーバード大学でジェームズ・D.ワトソンに師事し,1967年生物物理学博士号を取得。 1969~73年ハーバード大学の教壇に立ったのちユタ大学の教授に転じ,1988年からハワード・ヒューズ医学研究所の研究員を兼務。 1991年全米科学アカデミー会員に選ばれた。 1986年相同組換えを起こした細胞を見つける方法を考案,1998年胚性幹細胞 (ES細胞) を使って遺伝子標的法 (ジーン・ターゲッティング) を開発した。この開発によりノックアウトマウス作製が可能になり,遺伝子の働きを解明する道筋を確立した。この業績が評価され,2007年マーティン・J.エバンズ,オリバー・スミシーズとともにノーベル生理学・医学賞を受賞した。ほかに,アルバート・ラスカー医学研究賞 (2001) など受賞多数。 (→遺伝工学 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カペッキ
かぺっき
Mario R. Capecchi
(1937― )

アメリカの生理学者。イタリア生まれ。アメリカ・ハーバード大学で博士号取得。同大学準教授を経てユタ大学教授。ハワード・ヒューズ医学研究所研究員。2007年、「胚性幹細胞(ES細胞)を利用してマウスの特定遺伝子を改変する基本原理の発見」によって、エバンス、スミシーズとともにノーベル医学生理学賞を受賞した。1996年(平成8)に京都賞を受賞している。
 動物は、たった1個の受精卵から分裂を繰り返して1個体を形成するが、このように身体のあらゆる種類の細胞になるのがES(Embryonic Stem)細胞である。人体を形づくるあらゆる細胞に分化する大もとの細胞であり、分裂する前の状態では自らを際限なく分裂させて増やすことができる特性をもっている。
 1981年、エバンスはマウスの胚(受精卵)から、さまざまな細胞に分化するES細胞を初めてつくった。この研究はその後も発展を続け、1995年にはアメリカ・ウィスコンシン大学のグループがアカゲザルのES細胞株の樹立に成功、ついで1998年には同大学でヒトのES細胞株の樹立に成功した。
 カペッキは、ES細胞の中のある特定の遺伝子の機能を失わせ、それを別の受精卵に注入して代理母となる別のマウスに移植した。この母マウスから生まれるマウスは、正常な遺伝子と機能を失った遺伝子の両方をもつキメラマウスとなる。このキメラマウスからさらに目的とするマウスの純系を確立して1989年にある特定の機能が欠けている遺伝子をもつノックアウトマウスを作成した。
 ノックアウトマウスは糖尿病、癌(がん)、心臓病など特定の病気を発症させる病気モデルマウスであり、病因究明や治療法開発などの研究に応用されるようになった。すでに500種類以上のノックアウトマウスがつくられ、医学研究に画期的な成果をもたらしている。[馬場錬成]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

カペッキの関連キーワードリバースジェネティクスオリバー スミシーズマーティン エバンズ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カペッキの関連情報