コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カヤクグリ カヤクグリ Prunella rubida; Japanese accentor

3件 の用語解説(カヤクグリの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カヤクグリ
カヤクグリ
Prunella rubida; Japanese accentor

スズメ目イワヒバリ科。全長 14cm。頭から背面は赤褐色で,黒褐色の縦斑があり,胸腹部はやや灰色を帯びた褐色,脇腹には濃色縦斑がある。尾は褐色。日本と千島列島南部の島々にのみ分布する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

カヤクグリ

イワヒバリ科の鳥。翼長6.8cm。北海道と本州,四国,南千島だけにすむ固有権。全身暗褐色。亜高山帯から高山帯にすみ,ハイマツオオシラビソなどの低木の上に営巣する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カヤクグリ
かやくぐり / 茅潜
Japanese accenter
[学]Prunella rubida

鳥綱スズメ目イワヒバリ科の鳥。全長14センチメートル。上面は赤みのある褐色地に黒褐色の縦斑(じゅうはん)があり、下面は一様にねずみ色の、全体としては目だたない色で、雌雄同色。日本特産の鳥で、北海道、本州、四国の、亜高山帯上部や高山帯の低木林にすみ、ハイマツなどに営巣し、昆虫や植物の種子などをあさる。コケ類、枯れ草、茎、細根などで椀(わん)形の巣をつくり、内部に羽毛などを敷き、青色の卵を3、4個産む。冬季は漂行し、温暖な地方や、より標高の低い林や沢沿いのやぶなどに生息し、地上で種子などを食べる。[柳澤紀夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カヤクグリの関連キーワード岩雲雀・岩鷚告天子紅雀岩雲雀雲雀イワヒバリ(岩鷚)カヤクグリ(茅潜過)ハマヒバリ(浜雲雀)ヒバリ(雲雀)スズメヒバリ属

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone