コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルサビナ カルサビナ Karsavina, Tamara Platonovna

4件 の用語解説(カルサビナの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルサビナ
カルサビナ
Karsavina, Tamara Platonovna

[生]1885.3.9./1885.3.10. ロシアサンクトペテルブルグ
[没]1978.5.26. イギリス,ビーコンズフィールド
ロシアのバレリーナ。1902年マリインスキー劇場バレエ団の一員としてデビューし,『白鳥の湖』『海賊』などを踊った。1909年アンナパブロワミハイルフォーキンとともに積極的にセルゲイ・パブロビッチ・ディアギレフバレエ・リュスに参加。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

カルサビナ

ロシア生れの女性舞踊家。舞踊家の父をもち,ペテルブルグの帝室舞踊学校に学び,1902年マリインスキー劇場にデビュー。1909年〈バレエ・リュッス〉の第1回パリ公演に参加。
→関連項目レ・シルフィード

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

カルサビナ【Tamara Platonovna Karsavina】

1885‐1978
ロシア生れの女性舞踊家。舞踊教師を父にもち,ペテルブルグの帝室舞踊学校を卒業。1902年マリインスキー劇場バレエ団員となり《海賊》《ライモンダ》などで注目を浴びる。09年バレエ・リュッスの第1回パリ公演に参加,以来両バレエ団のバレリーナをつとめる。バレエ・リュッスの名声を確立した作品《火の鳥》《バラの精》ペトルーシカ》などに主演し,断続的ながら29年の最終シーズンまで出演した。イギリスの外交官H.J.ブルースと結婚し,1919年ロンドンに移り,帰化,同国バレエ界の育成に貢献した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カルサビナ
かるさびな
Tamara Karsavina
(1885―1978)

ロシア出身のバレリーナ。1902年ペテルブルグの帝室舞踊学校を卒業、マリンスキー劇場でデビューした。ディアギレフロシア・バレエ団の創立(1909)に参加、ニジンスキーと踊った『カルナバル』『バラの精』『ペトルーシュカ』などはパリ、ロンドンを沸かせた。17年にイギリスの外交官と結婚してロンドンに住み、ロシア・バレエの作品の復刻を手がけながら、マーゴ・フォンティンに『火の鳥』『ジゼル』を教えるなどイギリスのバレエ界に貢献。[市川 雅]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カルサビナの関連キーワードカマルゴダニロワバレリーナプティパブラシスベストリスワガノワバレエ・マスターアルヘンティーナパリ・オペラ座バレエ団

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone