カルサビナ(英語表記)Karsavina, Tamara Platonovna

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルサビナ
Karsavina, Tamara Platonovna

[生]1885.3.9./1885.3.10. ロシア,サンクトペテルブルグ
[没]1978.5.26. イギリス,ビーコンズフィールド
ロシアのバレリーナ。1902年マリインスキー劇場バレエ団の一員としてデビューし,『白鳥の湖』『海賊』などを踊った。1909年アンナ・パブロワ,ミハイル・フォーキンとともに積極的にセルゲイ・パブロビッチ・ディアギレフバレエ・リュスに参加。『レ・シルフィード』『カルナバル』『ペトルーシカ』『ばらの精』『火の鳥』『タマール』『ダフニスとクロエ』『プルチネルラ』などを,ワスラフ・F.ニジンスキーやフォーキンをパートナーに踊った。並行してマリインスキー劇場のプリマ・バレリーナとして活動を続け,アクロバティックな技術を排したクラシック・バレリーナといわれた。1918年以後ロンドンに定住,引退後もイギリスで後進の育成にあたった。著書に『劇場街』Theatre Street(1930),『クラシック・バレエ――動きの流れ』Classical Ballet: The Flow of Movement(1962)がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

カルサビナ

ロシア生れの女性舞踊家。舞踊家の父をもち,ペテルブルグの帝室舞踊学校に学び,1902年マリインスキー劇場にデビュー。1909年〈バレエ・リュッス〉の第1回パリ公演に参加。〈バレエ・リュッス〉の代表作《火の鳥》《薔薇の精》《ペトルーシカ》など多くの作品に主演。英国の外交官と結婚して,1918年ロシアを離れ英国に帰化。引退したのちは英国のバレエ界の育成に大きく貢献した。回想録《劇場通り》(1930年),《バレエの技法》(1956年)などの著書もある。→ディアギレフ
→関連項目レ・シルフィード

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カルサビナ【Tamara Platonovna Karsavina】

1885‐1978
ロシア生れの女性舞踊家。舞踊教師を父にもち,ペテルブルグの帝室舞踊学校を卒業。1902年マリインスキー劇場バレエ団員となり《海賊》《ライモンダ》などで注目を浴びる。09年バレエ・リュッスの第1回パリ公演に参加,以来両バレエ団のバレリーナをつとめる。バレエ・リュッスの名声を確立した作品《火の鳥》《バラの精》《ペトルーシカ》などに主演し,断続的ながら29年の最終シーズンまで出演した。イギリスの外交官H.J.ブルースと結婚し,1919年ロンドンに移り,帰化,同国バレエ界の育成に貢献した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カルサビナ
かるさびな
Tamara Karsavina
(1885―1978)

ロシア出身のバレリーナ。1902年ペテルブルグの帝室舞踊学校を卒業、マリンスキー劇場でデビューした。ディアギレフのロシア・バレエ団の創立(1909)に参加、ニジンスキーと踊った『カルナバル』『バラの精』『ペトルーシュカ』などはパリ、ロンドンを沸かせた。17年にイギリスの外交官と結婚してロンドンに住み、ロシア・バレエの作品の復刻を手がけながら、マーゴ・フォンティンに『火の鳥』『ジゼル』を教えるなどイギリスのバレエ界に貢献。[市川 雅]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android