コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルサビナ Karsavina, Tamara Platonovna

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルサビナ
Karsavina, Tamara Platonovna

[生]1885.3.9./1885.3.10. ロシア,サンクトペテルブルグ
[没]1978.5.26. イギリス,ビーコンズフィールド
ロシアのバレリーナ。1902年マリインスキー劇場バレエ団の一員としてデビューし,『白鳥の湖』『海賊』などを踊った。1909年アンナ・パブロワ,ミハイル・フォーキンとともに積極的にセルゲイ・パブロビッチ・ディアギレフバレエ・リュスに参加。『レ・シルフィード』『カルナバル』『ペトルーシカ』『ばらの精』『火の鳥』『タマール』『ダフニスとクロエ』『プルチネルラ』などを,ワスラフ・F.ニジンスキーやフォーキンをパートナーに踊った。並行してマリインスキー劇場のプリマ・バレリーナとして活動を続け,アクロバティックな技術を排したクラシック・バレリーナといわれた。1918年以後ロンドンに定住,引退後もイギリスで後進の育成にあたった。著書に『劇場街』Theatre Street(1930),『クラシック・バレエ――動きの流れ』Classical Ballet: The Flow of Movement(1962)がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カルサビナ【Tamara Platonovna Karsavina】

1885‐1978
ロシア生れの女性舞踊家。舞踊教師を父にもち,ペテルブルグの帝室舞踊学校を卒業。1902年マリインスキー劇場バレエ団員となり《海賊》《ライモンダ》などで注目を浴びる。09年バレエ・リュッスの第1回パリ公演に参加,以来両バレエ団のバレリーナをつとめる。バレエ・リュッスの名声を確立した作品《火の鳥》《バラの精》《ペトルーシカ》などに主演し,断続的ながら29年の最終シーズンまで出演した。イギリスの外交官H.J.ブルースと結婚し,1919年ロンドンに移り,帰化,同国バレエ界の育成に貢献した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カルサビナ
かるさびな
Tamara Karsavina
(1885―1978)

ロシア出身のバレリーナ。1902年ペテルブルグの帝室舞踊学校を卒業、マリンスキー劇場でデビューした。ディアギレフのロシア・バレエ団の創立(1909)に参加、ニジンスキーと踊った『カルナバル』『バラの精』『ペトルーシュカ』などはパリ、ロンドンを沸かせた。17年にイギリスの外交官と結婚してロンドンに住み、ロシア・バレエの作品の復刻を手がけながら、マーゴ・フォンティンに『火の鳥』『ジゼル』を教えるなどイギリスのバレエ界に貢献。[市川 雅]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

カルサビナの関連キーワードセローフ(Valentin Aleksandrovich Serov)マリンスキー劇場バレエ団エンリコ チェケッティレ・シルフィードチェケッティカルサヴィナジェネー市川

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android