コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火の鳥 ひのとり L'Oiseau de feu

12件 の用語解説(火の鳥の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

火の鳥
ひのとり
L'Oiseau de feu

ロシアの作家 A.N.アファナーシエフの童話による1幕3場のバレエ。音楽 I.ストラビンスキー。振付 M.フォーキン。装置 L.バクスト,A.ゴロービン。バレエ・リュスにより,1910年パリで初演された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ひのとり【火の鳥】

《原題、〈フランス〉L'Oiseau de feuストラビンスキー作曲のバレエ音楽。1910年パリで初演。ロシア民話に基づくもの。
伊藤整長編小説。昭和28年(1953)刊行。とある女優の半生を描く。昭和31年(1956)、井上梅次監督により映画化。
手塚治虫の長編漫画。昭和29年(1954)発表の「黎明(れいめい)編」に始まる連作で、永遠の命をもつという火の鳥をめぐる人間模様を描く。

ひのとり[人工衛星]

昭和56年(1981)2月に打ち上げられた日本初の太陽観測衛星ASTRO-A(アストロエー)の愛称。宇宙科学研究所(現JAXA(ジャクサ))が開発。すだれコリメーターを搭載し、太陽フレアX線による二次元画像の取得に成功。太陽活動の極大期に行われた国際的な太陽観測計画に各種データを提供した。平成3年(1991)7月に運用終了。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

火の鳥【ひのとり】

ストラビンスキー作曲のバレエ音楽。東スラブ民話の火の鳥伝説に基づき,ディアギレフの依頼で作曲。1910年〈バレエ・リュッス〉の第2回パリ公演において,フォーキンの台本・振付で初演。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

火の鳥

1978年公開の日本映画。監督:市川崑、原作:手塚治虫による同名漫画、脚本:谷川俊太郎。出演:若山富三郎尾美としのり高峰三枝子、江守徹、草笛光子大原麗子、林隆三ほか。

火の鳥

ロシア出身の舞踊家・振付家ミハイル・フォーキンによるバレエ(1910)。原題《L'oiseau de feu》。音楽はイーゴリストラヴィンスキーによる同名の管弦楽曲を使用。初演はバレエ・リュス。現在はジョージバランシンモーリス・ベジャールの振付による版も知られる。

火の鳥

手塚治虫による漫画作品。その血を飲めば永遠の命を得られるという火の鳥を中心に、古代から未来まで、地球から宇宙を舞台に、生命の本質を描いたシリーズ長編。『漫画少年』1954年7月号~1955年5月号、『少女クラブ』1956年5月号~1957年12月号、『COM』1967年1月号~1978年3月号、『マンガ少年』1978年4月号~1981年4月号、『野生時代』1986年1月号~1988年2月号に連載。最新版は講談社手塚治虫文庫全集全11巻+少女クラブ版全1巻。第1回(1970年)講談社出版文化賞児童まんが部門受賞。1978年市川昆監督により実写映画が、1980年と1986年に劇場用アニメが公開され、2004年にはNHKでアニメが放映された。

火の鳥

日本のテレビアニメ。放映はNHK(2004年4月~6月)。原作:手塚治虫による漫画作品。制作:手塚プロダクション。声の出演:竹下景子ほか。

火の鳥

ロシア生まれの作曲家イーゴリ・ストラヴィンスキーのバレエ音楽(1910)。原題《L'Oiseau de feu》。セルゲイ・ディアギレフの依頼により作曲された。『ペトルーシュカ』、『春の祭典』とともにストラヴィンスキーの三大バレエ音楽の一つとして知られる。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ひのとり【火の鳥 zhar‐ptitsa[ロシア]】

東スラブの昔話に登場し,翼が炎のように輝くことからこの名がある空想上の鳥。この鳥について語られるロシアの昔話《イワン王子と灰色の狼》では,旅に出た末息子の主人公に火の鳥を生け捕りにすべしなどの難題が課される。火の鳥は主人公を遠くまで運んだり,魔女のもとからの逃亡を助けて助言を与え,死んだ主人公を蘇生させる援助者としての役割をもつ。その反面,昔話の火の大蛇と同じく,主人公の母を連れ去る略奪者として語られることもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ひのとり【火の鳥】

ストラビンスキー作曲のバレエ音楽。1910年パリでディアギレフ-ロシア-バレエ団が初演。ロシアの古い民話に取材。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

火の鳥
ひのとり
L'oiseau de feuフランス語
Жар‐птица Zhar-ptitsa ロシア語
The firebird英語

バレエ。ロシア・バレエ団の主宰者ディアギレフの依頼で1910年ストラビンスキーが作曲。ロシアの古い民話に取材したもので、火の鳥の助力を得たロシアの王子が魔王に捕らわれた王女たちを救出するまでのいきさつを幻想的に描いた作品。同年フォーキンの振付けによりパリ・オペラ座で初演され、大成功を収めた。当時まだ無名だったストラビンスキーはこの一作で一躍ヨーロッパ中の注目を集める存在となり、とくにその色彩的な管弦楽法リズムの多様さが20世紀の音楽に与えた影響は大きい。初演の翌年、作曲者は演奏会用の組曲版をまとめ、のちに1919年と45年にその改訂を行っている。[三宅幸夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

火の鳥の関連キーワードエンゼルの丘ガラスの脳動物つれづれ草びいこちゃんフィルムは生きているふしぎな少年ふしぎなメルモ漫画生物学ビッグXワンサくん

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

火の鳥の関連情報