コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルティエ=ブレッソン Cartier-Bresson, Henri

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルティエ=ブレッソン
Cartier-Bresson, Henri

[生]1908.8.22. パリ近郊シャントルー
[没]2004.8.3. アルプドオートプロバンス,セレスト
フランスの写真家。 35ミリカメラによるフォト・エッセーの開拓者。現象的事実の一回性を瞬間的に把握することによって対象の本質に迫り,その写真理論と文明批評的カメラ・アイは世界の報道写真に大きな影響を与えた。写真家集団マグナムの創立メンバーでもある。多くの作品集のうち『決定的瞬間』 (1952) と『ヨーロッパ人』 (1955) が特に著名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

カルティエ=ブレッソンの関連キーワードカルチエ・ブレッソンアルバレス・ブラボ写真芸術キャパ

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カルティエ=ブレッソンの関連情報