コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルティエ・ブレッソン カルティエブレッソン

百科事典マイペディアの解説

カルティエ・ブレッソン

フランスの写真家。シャントルー・アン・ブリーの銀行家の家に生まれる。1927年―1929年,パリで画家ロートに師事。1931年アフリカ旅行の帰途,マルセイユライカを手に入れ,本格的に写真を始める。
→関連項目ブロドビッチ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

カルティエ・ブレッソンの関連キーワードエリオット アーウィットジョセフ クーデルカマグナム・フォトス8月22日マグナムキャパ

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カルティエ・ブレッソンの関連情報