コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルビン カルビンCalvin, Melvin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルビン
Calvin, Melvin

[生]1911.4.8. ミネソタ,セントポール
[没]1997.1.8. カリフォルニア,バークリー
アメリカの有機化学者,生化学者。 1935年ミネソタ大学で学位を取得後,イギリスのマンチェスター大学留学 (1935~37) ,カリフォルニア大学講師 (37) ,教授 (47) ,同大学ロレンス放射研究所の生化学部長 (46) 。 71年同大学のユニバーシティ教授に就任。 1960年から 80年まで同大学ケミカルバイオダイナミックス研究所長をつとめた。光合成に関するカルビン=ベンソン回路を発見。 61年ノーベル化学賞を受賞。放射化学,有機キレート化合物の研究,生命の起原の問題にも貢献した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

カルビン

米国の化学者。1947年カリフォルニア大学教授。炭素の放射性同位元素C14を含む炭酸ガスクロレラなどの光合成生物に与え,炭酸ガス固定の過程(カルビン回路)を解明。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カルビン【Melvin Calvin】

1911‐97
アメリカの生化学者。ミネソタ生れ。ミシガン鉱山工科大学を卒業。カリフォルニア大学の生化学教室(1937より)などを主宰した。光合成の炭酸固定(暗反応)をベンソンA.A.Bensonとともに研究,短時間の反応で生ずる中間体を分析する方法で,経路が五炭糖,七炭糖なども経由する複雑な回路をなすことを確定(1957)。カルビン回路の名で呼ばれる。生化学でのアイソトープ利用の初期の成果としても,代表的なものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

カルビン【Calvin】

〔Jean C.〕 ⇒ カルバン
〔Melvin C.〕 (1911~1997) アメリカの生化学者。光合成における暗反応の機構を解明。生命の起源の化学的過程(化学進化)についても論じる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

カルビンの関連キーワードストー(Harriet Elizabeth Beecher Stowe)カルビン(Melvin Calvin)還元型ペントースリン酸回路還元的ペントースリン酸経路カルビンベンソンサイクルC.A. ポナムペルマ光合成(こうごうせい)カルビン=ベンソン回路ゲイリー シュミットクラレンス カーターメルヴィン カルビンカルビンベンソン回路グランド・ラピッズザ・プレジデンツカル ジャクソングランドラピッズカルビンサイクルビリー ビーン炭酸同化作用ポナムペルマ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カルビンの関連情報