コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カレドニア造山運動 カレドニアぞうざんうんどうCaledonian orogeny

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カレドニア造山運動
カレドニアぞうざんうんどう
Caledonian orogeny

古生代中期の造山運動カレドニア造山輪廻ともいう。古生代シルル紀末からデボン紀の初め頃,広義にはカンブリア紀からデボン紀までの造山運動の総称。カレドニアはスコットランドの古名。スコットランドからノルウェーが代表的地域。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

カレドニア‐ぞうざんうんどう〔‐ザウザンウンドウ〕【カレドニア造山運動】

古生代の前半に起こった世界的な造山運動。スコットランドからノルウェーにかけての地域、および北アメリカアパラチア山脈北部の地域が主。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

カレドニア造山運動【カレドニアぞうざんうんどう】

古生代前半の世界的造山運動。関連するおもな地域は,ロンドン以北の英国とスカンジナビア半島脊梁山脈より西(合わせてカレドニア造山帯),および北米の北部アパラチア。
→関連項目イギリス旧赤色砂岩デボン紀ハイランド

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カレドニアぞうざんうんどう【カレドニア造山運動 Caledonian orogenic movement】

狭義にはノルウェーから北海を通り,スコットランドの大部分,イングランド北西部,ウェールズアイルランドを含み,北東~南西方向にのびる造山帯をカレドニア造山帯とよび,ここにおこったシルル紀後期~デボン紀前期の変動をカレドニア造山運動とよんだ。広義には古生代前半(カンブリア紀~デボン紀)の世界のすべての地域の造山運動をいう。カレドニアはスコットランドのラテン名である。カレドニア造山帯の花コウ岩,変成岩の年代は3.2億~5.6億年前の範囲を示す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

カレドニアぞうざんうんどう【カレドニア造山運動】

古生代の前半に世界各地に起こった地殻変動。ノルウェーからスコットランド(古名カレドニア)にかけて代表的に認められる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone