コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カレドニア造山運動 カレドニアぞうざんうんどうCaledonian orogeny

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カレドニア造山運動
カレドニアぞうざんうんどう
Caledonian orogeny

古生代中期の造山運動カレドニア造山輪廻ともいう。古生代シルル紀末からデボン紀の初め頃,広義にはカンブリア紀からデボン紀までの造山運動の総称。カレドニアはスコットランドの古名。スコットランドからノルウェーが代表的地域。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

カレドニア‐ぞうざんうんどう〔‐ザウザンウンドウ〕【カレドニア造山運動】

古生代の前半に起こった世界的な造山運動。スコットランドからノルウェーにかけての地域、および北アメリカアパラチア山脈北部の地域が主。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

カレドニア造山運動【カレドニアぞうざんうんどう】

古生代前半の世界的造山運動。関連するおもな地域は,ロンドン以北の英国とスカンジナビア半島の脊梁山脈より西(合わせてカレドニア造山帯),および北米の北部アパラチア。
→関連項目イギリス旧赤色砂岩デボン紀ハイランド

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カレドニアぞうざんうんどう【カレドニア造山運動 Caledonian orogenic movement】

狭義にはノルウェーから北海を通り,スコットランドの大部分,イングランド北西部,ウェールズ,アイルランドを含み,北東~南西方向にのびる造山帯をカレドニア造山帯とよび,ここにおこったシルル紀後期~デボン紀前期の変動をカレドニア造山運動とよんだ。広義には古生代前半(カンブリア紀~デボン紀)の世界のすべての地域の造山運動をいう。カレドニアはスコットランドのラテン名である。カレドニア造山帯の花コウ岩,変成岩の年代は3.2億~5.6億年前の範囲を示す。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

カレドニアぞうざんうんどう【カレドニア造山運動】

古生代の前半に世界各地に起こった地殻変動。ノルウェーからスコットランド(古名カレドニア)にかけて代表的に認められる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

カレドニア造山運動の関連キーワードグランピアン[山脈]スカンジナビア山地バリスカン造山帯グランピアン山脈アパラチア造山帯カンブリア山地タコニック変動北ヨーロッパ旧赤色砂岩層スウェーデン新赤色砂岩古期山系モラッセ地殻変動地向斜地塊地球北極

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android