コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カロリング朝美術 カロリングちょうびじゅつCarolingian art

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カロリング朝美術
カロリングちょうびじゅつ
Carolingian art

フランク王国第2の王朝,特に 800年に神聖ローマ皇帝となったカルル大帝 (シャルルマーニュ) の宮廷を中心として8世紀より9世紀末にかけて栄えた美術。カロリング・ルネサンスと呼ばれ,キリスト教を主体として古代およびビザンチンの文化を復興させようとした。建築ではビザンチン風八角堂の大円蓋をもつアーヘン宮廷付属礼拝堂,ギリシア十字 (T字形) プランによるジェルミニー=デ=プレ礼拝堂,バシリカ様式のフルタ修道院聖堂 (再建) などメロビング朝建築などに比べると比較的多く現存する。アーヘン,ランス,トゥール,サン・ドニ修道院および宮廷で盛んに作られた工芸品,特に写本装飾は,古代末期の様式を継承しながらゲルマン人的感覚によって西ヨーロッパのキリスト教時代へと移行する初期中世美術の重要な遺品となっている。代表作品は『戴冠式の福音書』 (ウィーン美術史美術館) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カロリングちょうびじゅつ【カロリング朝美術】

カロリング朝が支配したフランク王国で,8世紀後半から9世紀末にかけて栄えた美術。カロリング・ルネサンスとよばれる古代文化復興運動は特に,カール大帝が戴冠した800年ころより急激に美術の分野にも及んだ。伝統的にゲルマン人は抽象的な芸術感覚をもち,装飾にはおもに幾何学文を用いていた。当時イタリア北部を含むヨーロッパ大陸北部には,抽象文が主であるが人像表現ももつアイルランド系美術の影響が既に浸透して,先立つメロビング朝絵画には抽象文のほか若干の人物像も登場する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カロリング朝美術
かろりんぐちょうびじゅつ

8世紀末から10世紀前半に至る西フランク王国の美術様式をさす。その範囲は現在のドイツ、フランスに及び、フランス語ではこれをシャルルマーニュ様式ともいう。ローマ帝国の復活を夢みるカール(シャルルマーニュ)大帝(在位768~814)の意識的な努力によって招来されたもので、ゲルマン、ケルト両民族の土壌に古代文化とキリスト教とを摂取、融合した点に意義と特色があり、ヨーロッパ芸術の始原をなしている。また、造形芸術では古代末期、ビザンティン様式への愛好が特徴的である。
 建築では、アルプス以北での石による大建築の最初の復興で、ローマの影響を直接に取り入れ、その手探りの摂取が新たな解釈を生んでいる。たとえばアーヘンの宮殿礼拝堂(792~800)は、ラベンナのサン・ビターレ聖堂を模した八角堂のプランに大円蓋(だいえんがい)を設けているが、水平断面における緊密な量塊関係が示す集中建築への努力は、ローマ建築への新解釈であると同時に、独自の建造体として本陣に移された「ウェストウェルク」Westwerk(西構え)のような新機軸を生んでいる。後世双塔形式のファサードの成立を促すこの「西構え」は、カロリング朝最大のバジリカ式教会堂ケントゥーラ(北フランス、アベウィル近郊のサン・リキエ修道院聖堂)にも設けられていたことが今日残る素描や設計図で確認されている。北西ドイツのコルワイ修道院聖堂(855~873)にはわずかにそのおもかげが残っている。これら教会堂の内部には、宗教と世俗生活をモチーフとした壁画、モザイクがあったとされるが、今日ではほとんど残存していない。
 彫刻と絵画では、金細工、象牙(ぞうげ)細工、彩飾写本のような小芸術が知られている。金細工では『コーデックス・アウレウス』Codex aureus(870ころ・バイエルン国立図書館)、『リンダウの福音(ふくいん)書』(870ころ・ニューヨーク、ピアポント・モルガン図書館)などの表紙装丁が好作例である。そこにちりばめられてある多彩な宝石は、金のレリーフ面に直接はめ込まれたものではなく、繊細な台脚によって黄金面から離されて細工されており、宝石を光の反射でより美しく見せる配慮と、これを可能にした技術の高さがしのばれる。象牙細工もまた福音書の外装に使われている例が多く、たとえば、ベルギーのブリュッセル王立歴史美術館蔵の『勝利のキリスト』(875ころ)は、王者の風格をもつキリスト像が表現され、キリストを救済者としてよりは奇跡の執行者としてまず受け止めたゲルマンの心情を伝えている。彩飾写本では、『カール大帝の福音書』(800~810ころ・ウィーン美術史博物館)、『エボンの福音書』(816~835・フランス、エペルネ市立図書館)、『ユトレヒトの詩編』(820~830ころ・ユトレヒト大学図書館)が名高い。これら写本の流派は、カール王宮直属のものを除いて大修道院に所属し、ザンクト・ガレン、トゥール、ライム、メッツなど各派があった。[野村太郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のカロリング朝美術の言及

【オットー美術】より

…オットー美術の源泉としては次の三つが挙げられる。(1)先行するカロリング朝美術(とりわけ写本画),(2)古代末期と初期キリスト教美術,(3)同時代のビザンティン美術(972年,オットー2世とビザンティン皇妃テオファノとの結婚などによる)。これらの伝統を消化しつつ民族色の強い表現が形成されてドイツ・ロマネスク美術の発端をなし,その影響は国外にも及んだ。…

※「カロリング朝美術」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カロリング朝美術の関連キーワード中世ヨーロッパの美術アーヘン大聖堂ロマネスク美術ユトレヒト詩篇オットー朝美術アルクイヌスフランス美術オットー美術モザン美術

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android