コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カワネズミ(川鼠) カワネズミHimalayan water shrew

1件 の用語解説(カワネズミ(川鼠)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

カワネズミ【カワネズミ(川鼠) Himalayan water shrew】

食虫目トガリネズミ科の哺乳類。トガリネズミに似るが,体がずっと大きく水中生活に適応している。本州,四国,九州のほか,中国,ミャンマーヒマラヤに分布する。体長8~10cm,尾長8~9cm。体色は背側が褐色を帯びたスレート色,腹側は灰白色。ただし,水に入って泳ぐ姿は毛の間に空気を蓄えているため光を反射して銀色に見える。目はごく小さい。小さな耳は毛に隠れて見えないが,水に潜った際に耳の穴をふさぐ働きがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone