コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンアオイ

百科事典マイペディアの解説

カンアオイ

関東,中部の山中の林内にはえるウマノスズクサ科の常緑多年草で,全草に強いにおいがある。葉は節のある細い根茎の先に1枚ずつついて株をつくり,卵形または広卵形で厚く,長さ6〜10cm,上面は深緑色で,ときに白紋がある。
→関連項目アオイ(葵)

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カンアオイ
かんあおい / 寒葵
[学]Asarum nipponicum F. Maekawa

ウマノスズクサ科の常緑の多年草。茎は地に伏しごく短く、先端から暗紫色の長い柄がある卵状楕円(だえん)形で、基部が心臓形の葉を毎年1枚ずつ出す。葉の表面には普通は雲紋状に斑(ふ)が入る。なお、この葉に日本特産のギフチョウが産卵する。3枚の萼片(がくへん)は下半部で癒着し、鐘状の萼筒を形成する。萼筒の入口には環状に鐔(つば)が発達する。雄しべは12本で、短い花糸があり、子房の上に2輪に配列する。雌しべは6本で、花柱の背部が上方に角(つの)状に伸びる。子房は上位。10~12月に開花する。関東地方南部から静岡県東部、三重県朝熊山(あさまやま)周辺の山地の林床に生える。地理的分化がみられ、2、3の変種が知られる。その一つのアツミカンアオイは紀伊半島南部に分布し、葉の表面が著しく落ち込む。またスズカカンアオイは葉脈がわずかに落ち込み、表面に霜降り状の斑がみられ、静岡、愛知、三重、岐阜県に分布する。これらは2~3月に開花する。[菅原 敬]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

カンアオイの関連キーワードウスバサイシン(薄葉細辛)オナガサイシン(尾長細辛)ランヨウアオイ(蘭葉葵)オトメアオイ(乙女葵)カンアオイ(寒葵)ヒメタニワタリフォッサマグナフタバアオイギフチョウ観葉植物関東寒葵嘉津宇岳陰生植物常磐草富士山岐阜蝶茶釜木細辛葵アオイ紅猪口

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カンアオイの関連情報