コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇治群島 うじぐんとう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宇治群島
うじぐんとう

鹿児島県西部,坊ノ岬西方約 70kmの東シナ海の海上にある諸島。宇治向島 (別称向島,面積約 1.7km2) ,宇治島 (別称家島,面積 0.6km2) および周囲の小島群からなる。行政上は南さつま市に属する。第2次世界大戦前はカツオ漁業の基地として知られた。現在は無人島であるが,南日岳 (標高 95m) には灯台が設置されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

宇治群島

鹿児島県南さつま市、野間岬の西方約70kmに位置する島嶼群。最大の島、宇治向(うじむかえ)島と、その北東に浮かぶ宇治島(うっちま)、その周辺の小島や岩礁群からなる。宇治島は「家島」とも呼ばれ、避難港や灯台がある。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

うじぐんとう【宇治群島】

鹿児島県の南西方,甑(こしき)島列島の南の東シナ海にある小島群。草垣群島とともに川辺郡笠沙町に属する。東の宇治島(旧称家島。面積0.6km2,最高点96m)および西の宇治向島(1.7km2,最高点325m)と多くの岩礁からなる。安山岩の島で山頂が海から突出し,まわりは海食崖で取り囲まれ近づき難い。宇治島は江戸時代から漁業基地として利用され,明治以後にはカツオ加工場の設置や真珠養殖が行われたこともあったが,現在は両島とも無人となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔鹿児島県〕宇治群島(うじぐんとう)


九州南西端の坊ノ(ぼうの)岬西方約70kmの東シナ海に浮かぶ島嶼(とうしょ)群。宇治向(むかえ)島(面積1.7km2)・宇治島ほか多くの岩礁からなる。全域が鹿児島県南さつま市に属する。現在はいずれも無人島。島の周囲は切り立った海食崖(かいしょくがい)が発達。宇治島の西岸に避難港がある。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宇治群島
うじぐんとう

鹿児島県枕崎(まくらざき)市の西約80キロメートルの東シナ海上にある島嶼(とうしょ)。行政上は南さつま市に属す。宇治向(むかい)島と宇治島(家島)の2島のほか、多数の岩礁からなる。島の周囲は高い海食崖(がい)で囲まれ、最高点は向島の319メートル。江戸時代に漁業基地となったが、明治中期以後、漁船の動力化・大型化により定住の必要性が薄らいだこと、生活上の不便さがおもな理由で急速に人口は減り、無人島と化した。現在は釣り客がチャーター船で訪れるほか、避難港として利用される。[塚田公彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

宇治群島の関連キーワード鹿児島県南さつま市南さつま市の要覧南さつま(市)スズメ北小島笠沙〈町〉笠沙[町]南西諸島全域

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android