コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カーフェリー カーフェリーcar ferry

翻訳|car ferry

5件 の用語解説(カーフェリーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カーフェリー
カーフェリー
car ferry

自動車航送船,自動車渡船。自動車航送を主目的とする船舶で,車両甲板とランプ (陸上から船舶への自動車連絡通路) を設備し,自動車の積卸しは自動車運転者自身によって行われる自動車交通の発達とともに普及したもので,アメリカヨーロッパでは海峡,湾口,河川などの渡船に早くからこの形式が導入されていたが,日本では 1944年に鹿児島-桜島間に就航したのが最初で,第2次世界大戦後 (特に 1955年以降) に瀬戸内海を中心として,全国の海峡,島嶼間,湾口短絡などの航路の大部分がカーフェリーに置き換えられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

カーフェリー

フェリーボート

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カーフェリー
かーふぇりー
car ferry

自動車と旅客を同時に輸送する船。自動車だけを運ぶものもあるが、その数は少ない。ヨーロッパでは古くから発達した船種であるが、日本では自動車の普及、道路網の整備に伴って1970年(昭和45)ごろから急激に増加し、総トン数で数百トンの小型のものから1万トンを超える大型のものまで建造されている。船首と船尾には自動車を陸岸へ渡すためのランプウェーramp wayの設備があり、自動車は運転者の運転で搬入、搬出される。上甲板(こうはん)またはその上の1層ないし2層が車両積載用の甲板であり、その上の1、2層が旅客用の甲板となっている。長距離カーフェリーのなかには、純客船クラスの豪華な客室設備をもつものもある。旅客も運ぶカーフェリーは法規上、旅客船となるので、構造、設備などにもっとも厳しい安全基準が適用される。さらに、ガソリンを積んだままの車を積載しているため、その転倒防止や消防のために特別の設備が要求される。また出入港の回数が多いので、可変ピッチプロペラや、左右に水流を噴出して船の旋回を容易にするバウスラスタbow thrusterを設けて、操縦性の向上を図るものが多い。小型の船では、プロペラを船首と船尾にもち、離着岸の際、反転しなくてもすむものもある。
 カーフェリーは、乗用車や、貨物を積んだままのトラックと運転者や同乗者を同時に運ぶほか、車とは関係ない旅客をも運ぶ。また、車を搬入した運転者は乗船せず、入港地で車だけが引き取られるという輸送形態も多い。日本では、カーフェリーという輸送手段は初めてのものであったため、道路交通や鉄道輸送との競争が生まれ、人や物の輸送構造に新しい変化をもたらした。[森田知治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のカーフェリーの言及

【フェリー】より

…河川,海峡,内海などで隔てられた2地点を船で連絡すること。いわゆる渡し船による小規模なものから,列車ごと航送するものまでさまざまな形態があるが,現在では旅客輸送とあわせて自動車航送を行うカーフェリーが代表的である。今日のフェリーの原型は1850年にイギリスで初めて貨車を積んだ歴史にまでさかのぼる。…

※「カーフェリー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カーフェリーの関連情報