カーフェリー(英語表記)ferryboat

翻訳|ferryboat

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カーフェリー
ferryboat

自動車航送船,自動車渡船。自動車航送を主目的とする船舶で,車両甲板とランプウェー(陸上から船舶への自動車連絡通路)を設備し,自動車の積み降ろしは自動車運転者自身によって行なわれる。自動車交通の発達とともに普及したもので,アメリカ合衆国やヨーロッパでは海峡,湾口,河川などの渡船に早くから導入されていた。日本では 1934年に北九州の若松―戸畑間(→北九州市)に就航したのが最初とされる。第2次世界大戦後,特に 1955年以降に瀬戸内海を中心として,全国の海峡,島嶼間,湾口短絡などの航路の大部分がカーフェリーに置き換えられた。また 1968年以降,トラック輸送の長距離化に応じた長距離フェリーが出現し,船舶のもつ大量輸送性,低廉性と自動車のもつ迅速性,機動性を組み合わせた輸送形態を実現したため急速に伸び,船型も大型化した。長距離フェリーでは 1万総t以上の船舶も就航している。(→ロールオン・ロールオフ船

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

カーフェリー【car ferry】

自動車とその乗客を同時に運ぶ船。乗客だけも乗せる。自動車航送船。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カーフェリー
かーふぇりー
car ferry

自動車と旅客を同時に輸送する船。自動車だけを運ぶものもあるが、その数は少ない。ヨーロッパでは古くから発達した船種であるが、日本では自動車の普及、道路網の整備に伴って1970年(昭和45)ごろから急激に増加し、総トン数で数百トンの小型のものから1万トンを超える大型のものまで建造されている。船首と船尾には自動車を陸岸へ渡すためのランプウェーramp wayの設備があり、自動車は運転者の運転で搬入、搬出される。上甲板(こうはん)またはその上の1層ないし2層が車両積載用の甲板であり、その上の1、2層が旅客用の甲板となっている。長距離カーフェリーのなかには、純客船クラスの豪華な客室設備をもつものもある。旅客も運ぶカーフェリーは法規上、旅客船となるので、構造、設備などにもっとも厳しい安全基準が適用される。さらに、ガソリンを積んだままの車を積載しているため、その転倒防止や消防のために特別の設備が要求される。また出入港の回数が多いので、可変ピッチプロペラや、左右に水流を噴出して船の旋回を容易にするバウスラスタbow thrusterを設けて、操縦性の向上を図るものが多い。小型の船では、プロペラを船首と船尾にもち、離着岸の際、反転しなくてもすむものもある。
 カーフェリーは、乗用車や、貨物を積んだままのトラックと運転者や同乗者を同時に運ぶほか、車とは関係ない旅客をも運ぶ。また、車を搬入した運転者は乗船せず、入港地で車だけが引き取られるという輸送形態も多い。日本では、カーフェリーという輸送手段は初めてのものであったため、道路交通や鉄道輸送との競争が生まれ、人や物の輸送構造に新しい変化をもたらした。[森田知治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のカーフェリーの言及

【フェリー】より

…河川,海峡,内海などで隔てられた2地点を船で連絡すること。いわゆる渡し船による小規模なものから,列車ごと航送するものまでさまざまな形態があるが,現在では旅客輸送とあわせて自動車航送を行うカーフェリーが代表的である。今日のフェリーの原型は1850年にイギリスで初めて貨車を積んだ歴史にまでさかのぼる。…

※「カーフェリー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カーフェリーの関連情報