コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガントク ガントクGangtok

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガントク
Gangtok

インド北東部,シッキム州州都。ダージリン北東約 45km,ヒマラヤ山間盆地の標高 1700mに位置。 1962年に中国国境が閉鎖されるまでは,インドと中国のチベット (西蔵) 自治区との間の通商上の要地であった。陸路でシリグリ,バグドグラと通じ,トウモロコシ,米,雑穀,オレンジを集散王宮ラマ教僧院,チベット学研究所がある。絨毯,織物,細密画を中心とした家内工業を進めている。人口2万 4971 (1991) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ガントク(Gangtok)

インド北東部、シッキム州の都市。同州の州都。ダージリンの北東約45キロメートル、ヒマラヤ山脈南麓の盆地に位置する。標高1770メートル。17世紀にシッキム王国の都が置かれ、ネパール、ブータンによる支配を経て、19世紀に英国統治領となった。ネパール人、チベット人が多く居住。チベット学研究所、チベット仏教の寺院のほか、ヒマラヤ山脈の高峰を一望する展望地がある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ガントク

インド北東部,シッキム州の州都。ヒマラヤ山中にあり,米など農産物集散の中心。旧シッキム王国の主都。2万9354人(2001)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガントク
がんとく
Gangtok

インド北東部、シッキム州の州都。ヒマラヤ山脈の南麓(なんろく)に位置する。人口2万9162(2001)。標高1770メートルの高原上に開けた町で、世界第3位の高峰カンチェンジュンガ山(8586メートル)を望む。灼熱(しゃくねつ)のインドに比べ夏でも平均15℃以下で冷涼である。年降水量は1200ミリメートル以上で、夏の4~9月が雨期、冬は月降水量が50ミリメートル以下で乾燥ぎみである。穀物や果実の取引が盛んで、バザールはチベット人、ネパール人、レプチャ人などでにぎわう。王宮(マハラジャ宮殿)、チベット仏教(ラマ教)寺院などがある。[福岡義隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のガントクの言及

【シッキム[州]】より

…面積約7300km2,人口41万(1991)。州都はガントク。南端部のティースタ川沿いの河谷平野を除くと,シッキム・ヒマラヤとよばれる山岳地帯に覆われている。…

※「ガントク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ガントクの関連キーワードナトゥ・ラ[峠]シッキム[州]ルムテク僧院ティスタ川ナムギャルレプチャツォモ

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android