ガンマフィールド(読み)がんまふぃーるど(英語表記)γ-field

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

γ(ガンマ)線の照射により農作物に突然変異をおこさせ、育種試験を行う野外研究施設。放射線源のコバルト60を格納した照射塔を中心として同心円状に被照射植物が配置され、線源からの距離に応じてそれぞれ異なった線量のγ線が照射される。最外周はコンクリートの高い遮蔽(しゃへい)壁で囲まれている。毎日一定時刻に遠隔操作によって線源が格納室から出され、照射が行われる。わが国では茨城県常陸大宮(ひたちおおみや)市に農林水産省の放射線育種場が設置されている。

[星川清親]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (gamma field) 農作物や植物に、コバルト60などのアイソトープから出るガンマ線を照射して、品種改良をはかろうとする実験農場。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

実効再生産数

感染症が流行している集団において、ある時点で、一人の感染者から二次感染する人数の平均値。再生産数が1を上回ると、一人の感染者が複数の人に感染させるため、流行は拡大し、1を下回ると、感染者数が減少し、流...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android