コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キセニア キセニアxenia

翻訳|xenia

5件 の用語解説(キセニアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キセニア
キセニア
xenia

植物の果実や種子の形質に父系 (花粉) の遺伝子の影響が現れる現象。これは重複受精によって,花粉に由来する雄核が胚乳核に入ることにより起る現象である。トウモロコシの胚乳の色が花粉の系統によって左右される例などが有名。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

キセニア(xenia)

被子植物で、花粉の優性遺伝子が、受粉した際に、その胚乳(はいにゅう)の形質を支配する現象。重複受精によるもので、胚乳以外に影響の現れる場合をメタキセニアとよぶ。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

キセニア【xenia】

もともとは1881年フォックW.O.Fockeが提唱した言葉で,花粉(雄親)の影響で種子や果実など植物体の一部の形質に変化が現れる現象をいったが,現在ではこのうち内胚乳に影響が現れる場合のみをいう。被子植物重複受精をおこない,花粉からきた2個の雄核のうち,1個は卵核と受精して胚を形成し,他の1個は二つの極核と受精して内胚乳を形成する。この結果,内胚乳には雄親の核が入るので胚乳に雄親の性質が直ちに現れることがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キセニア
きせにあ
xenia

被子植物の種子の胚乳(はいにゅう)の性質に、雄性(花粉)の影響が現れる現象。以前は、メンデルの「遺伝の法則」と異なる現象と考えられたが、被子植物特有の重複受精の機構が明らかとなって、この現象の仕組みも解決された。
 トウモロコシのある品種は黄色の胚乳で、他の品種の胚乳は白色をしている。この場合、黄色胚乳種は、白色胚乳種より優性であり、黄色胚乳種の花粉を白色胚乳種の雌しべに受粉させると、できた種子の胚乳が黄色となる。これは重複受精によって、胚乳組織も胚と同様に受精によって生ずるためである。黄色胚乳系統のトウモロコシの花粉の二つの精核のうち、一つの核は卵核と合体して胚をつくるが、もう一つの核は2極核と合体して胚乳となるので、花粉の優性の形質が胚乳に現れるのである。胚乳以外の母系統の組織に、雄性の性質が出る場合はメタキセニアという。メタキセニアの例として、ナツメヤシの果実の大きさや熟化の時期が花粉の種類によって左右されることが知られている。[吉田精一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

キセニアの関連情報