キマダラルリツバメ(読み)きまだらるりつばめ

日本大百科全書(ニッポニカ)「キマダラルリツバメ」の解説

キマダラルリツバメ
きまだらるりつばめ / 黄斑瑠璃燕蝶
[学] Spindasis takanonis

昆虫綱鱗(りんし)目シジミチョウ科に属するチョウ。日本では本州の特産種で、現在まで、岩手、福島、埼玉、神奈川、山梨、長野、岐阜、滋賀、京都、大阪、三重、兵庫、鳥取、岡山、島根、広島の諸府県に産地が発見されているが、その発生地は一般に狭い場所に限られる。そのうち、鳥取市の生息地は国の天然記念物に、神奈川県相模原(さがみはら)市緑(みどり)区の生息地のチョウは同県の天然記念物に指定されている。外国では朝鮮半島に産することが知られているだけである。はねの開張30~37ミリメートル程度。はねの表面は黒褐色、では強く紫色に光る部分がある。雌雄とも裏面地色は黄色で、黒褐色の帯状紋と斑点(はんてん)が虎斑(とらふ)状に並び、きわめて特徴のある模様をつくる。年1回の発生で、暖地では6~7月、寒冷地では7~8月に出現する。生態的に特異なチョウで、幼虫樹上に造巣するハリブトシリアゲアリの巣またはその近辺にすみ、アリから口移しに餌(えさ)を与えられて育つ。

白水 隆]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「キマダラルリツバメ」の解説

キマダラルリツバメ
Spindasis takanonis

鱗翅目シジミチョウ科。日本産のシジミチョウのなかで,尾状突起を2対もつ唯一の種。前翅の開張幅 30~37mm。翅表は暗褐色で地味だが,裏面の模様が透けて見える。裏面は明るい黄白色地に太い黒色の筋が5本あり,後翅の後端は明るい黄橙色斑となっている。広葉樹林にすみ,午前中は花に集るが,午後は活発になり,夕方は梢近くを飛ぶ。幼虫はシリアゲアリの巣中で,アリに世話されながら育つ。中国,朝鮮半島,日本に分布し,日本では本州のみに局部的にみられる。鳥取県に産するものは,その棲息地が国の天然記念物に指定され,保護されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「キマダラルリツバメ」の解説

キマダラルリツバメ

鱗翅(りんし)目シジミチョウ科の1種。開張35mm内外,暗褐色で,雄は紫色を帯びる。裏面は黄色の地に黒条がある。本州にだけ産するが,産地は局限され,鳥取市のものは天然記念物。幼虫はシリアゲアリと共生し,成虫は年1回,6月ころに発生し,花にくる。準絶滅危惧(環境省第4次レッドリスト)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「キマダラルリツバメ」の解説

キマダラルリツバメ【Spindasis takanonis】

後翅に2本の尾状突起をもつ鱗翅目シジミチョウ科の昆虫(イラスト)。アリと深い関係をもつ。開張2.3~3cm。翅の表面は暗褐色。雄の前翅の内半部は青紫色に輝く。裏面は淡黄色で多数の黒条がある。中国西部,朝鮮半島および日本に分布する。日本では本州のみに見られ,中国地方から近畿地方にかけてはかなりの産地が知られるが,中部地方以北ではきわめてまれである。低地帯のアカマツ,クロマツ,ソメイヨシノなどの古木の多い社寺の境内城跡などに生息している場合が多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

座り込み

その場に座り込んで動かないこと。特に労働争議などで、自分たちの意思・要求を相手に認めさせるために一定の場所に座り込むこと。「座り込み戦術」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android