コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キャベル キャベルCabell, James Branch

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キャベル
Cabell, James Branch

[生]1879.4.14. バージニアリッチモンド
[没]1958.5.5. バージニア,リッチモンド
アメリカの小説家,詩人。バージニアの名家に生れ,ウィリアム・アンド・メアリー大学卒業後しばらく記者生活をおくったが,1904年金銭欲を風刺した処女作『鷲の影』 The Eagle's Shadowを発表以来,精力的な作家活動に入った。著書は 50編余を数えるが,最も有名なものは中世の架空の地ポアテムを背景にドン・マニュエルとその子孫をめぐる叙事詩的な連作『マニュエル一代記』 Biography of Manuel (18巻) である。しかし,不道徳のかどで非難を浴びた『ジャーゲン』 Jurgen (1919) を除いてはあまり一般の関心をひかず,もっぱら批評家から好評を得ていた。 30年代に入ってからは,その凝った文体と高踏的厭世的な人生観,芸術観のためにまったく顧みられなくなった。醜い現実を排して空想の世界に遊びながら,幻滅と懐疑を内にいだいていた彼を,「アメリカのアナトール・フランス」と評するものもある。ほかに,詩集,系図学関係の著書がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

キャベル

米国の小説家新聞記者などの経験がある。独特の風刺特色で,中世フランスの架空の国ポアテムを舞台にした作品が多く,ことに《ジャーゲン》(1919年)が有名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

キャベル【James Branch Cabell】

1879‐1958
アメリカの小説家。バージニア州名家の出身で早くから文学に興味をもち,文学と両立できる仕事として名家の系図つくりに専念した。それが力となって全18巻のファンタジー的架空年代記《マニュエル伝》を著した。その中の一巻《ジャーゲン》(1919)は発売当初みだらな書物として発売禁止となり,キャベルの名を広く世に知らしめた。中世の架空の国を舞台に,もと詩人で今は質屋のジャーゲンが,ある日ふとしたことで悪魔に同情を示し,悪魔はお礼として恐妻家ジャーゲンの妻の存在を消してくれ,ジャーゲンは1年間夢の女性遍歴に出るが,結局は悪魔に頼んでもとの妻を返してもらうというロマンスである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キャベル
きゃべる
James Branch Cabell
(1879―1958)

アメリカの小説家。バージニア州の名門出身。50冊を超える幻想的なロマンスを書いたが、なかでも有名なのは『マニュエルの伝記』全18冊で、中世の架空の国ボアテムの創設者マニュエルおよびその子孫の冒険を描く。そのうちの質屋ジャーゲンの愛の遍歴を描いた『ジャーゲン』(1919)はわいせつ書として告発されたが、かえって人気を博した。[板橋好枝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

キャベルの関連キーワードアメリカン・マーキュリーウィスラーマウンテンジャスパー国立公園エンジェル氷河4月14日1月21日米国

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

キャベルの関連情報