コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キャベル キャベル Cabell, James Branch

4件 の用語解説(キャベルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キャベル
キャベル
Cabell, James Branch

[生]1879.4.14. バージニアリッチモンド
[没]1958.5.5. バージニア,リッチモンド
アメリカの小説家,詩人。バージニアの名家に生れ,ウィリアムアンドメアリー大学卒業後しばらく記者生活をおくったが,1904年金銭欲を風刺した処女作『鷲の影』 The Eagle's Shadowを発表以来,精力的な作家活動に入った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

キャベル

米国の小説家。新聞記者などの経験がある。独特の風刺が特色で,中世フランスの架空の国ポアテムを舞台にした作品が多く,ことに《ジャーゲン》(1919年)が有名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

キャベル【James Branch Cabell】

1879‐1958
アメリカの小説家。バージニア州の名家の出身で早くから文学に興味をもち,文学と両立できる仕事として名家の系図つくりに専念した。それが力となって全18巻のファンタジー的架空年代記《マニュエル伝》を著した。その中の一巻《ジャーゲン》(1919)は発売当初みだらな書物として発売禁止となり,キャベルの名を広く世に知らしめた。中世の架空の国を舞台に,もと詩人で今は質屋のジャーゲンが,ある日ふとしたことで悪魔に同情を示し,悪魔はお礼として恐妻家ジャーゲンの妻の存在を消してくれ,ジャーゲンは1年間夢の女性遍歴に出るが,結局は悪魔に頼んでもとの妻を返してもらうというロマンスである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キャベル
きゃべる
James Branch Cabell
(1879―1958)

アメリカの小説家。バージニア州の名門出身。50冊を超える幻想的なロマンスを書いたが、なかでも有名なのは『マニュエルの伝記』全18冊で、中世の架空の国ボアテムの創設者マニュエルおよびその子孫の冒険を描く。そのうちの質屋ジャーゲンの愛の遍歴を描いた『ジャーゲン』(1919)はわいせつ書として告発されたが、かえって人気を博した。[板橋好枝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キャベルの関連キーワードバージニアASA亜米利加ウエストバージニアアメリカの没落アメリカの夢バージニア・エス・デュオ・メンソールバージニア・スリムバージニアンバージニア[州]

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone