コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キュリロス[アレクサンドリアの] Kyrillos

1件 の用語解説(キュリロス[アレクサンドリアの]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

キュリロス[アレクサンドリアの]【Kyrillos】

?‐444
アレクサンドリア主教。ネストリウスの教説を異端として弾劾するのに成功した。412年,叔父テオフィロスの後任としてアレクサンドリア主教に就任,さまざまな異端および異教との強引な闘争を推進した。430年代の終り,コンスタンティノープル主教ネストリウスが,キリストにおける神性と人性の区別を明確にするため,当時広く行われていた聖母の尊称〈テオトコス(神の母)〉を排斥したとき,キュリロスはそれにはげしく反発し,エフェソス公会議(431)においてネストリウスを異端として罷免させた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のキュリロス[アレクサンドリアの]の言及

【エフェソス公会議】より

…コンスタンティノープル主教ネストリウスは,キリストにおける神性と人性の区別を明確にすべきだと主張し,聖母マリアへの〈テオトコス〉(〈神の母〉の意)の尊称に反対した。それに対しアレクサンドリア主教キュリロスらが強く反発し,教会政治上の思惑もからんで論争問題となっていた。公会議は最初から分裂会議となり,キュリロス派はネストリウスを異端とし,その罷免を決議した。…

※「キュリロス[アレクサンドリアの]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

キュリロス[アレクサンドリアの]の関連キーワードトルコイラン革命と米大使館占拠人質事件株式会社シャトレーゼ民泊事業土星マハービーラ劉義慶硫黄世説新語種子島

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone