コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キュリロス[アレクサンドリアの] Kyrillos

1件 の用語解説(キュリロス[アレクサンドリアの]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

キュリロス[アレクサンドリアの]【Kyrillos】

?‐444
アレクサンドリア主教。ネストリウスの教説を異端として弾劾するのに成功した。412年,叔父テオフィロスの後任としてアレクサンドリア主教に就任,さまざまな異端および異教との強引な闘争を推進した。430年代の終り,コンスタンティノープル主教ネストリウスが,キリストにおける神性と人性の区別を明確にするため,当時広く行われていた聖母の尊称〈テオトコス(神の母)〉を排斥したとき,キュリロスはそれにはげしく反発し,エフェソス公会議(431)においてネストリウスを異端として罷免させた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のキュリロス[アレクサンドリアの]の言及

【エフェソス公会議】より

…コンスタンティノープル主教ネストリウスは,キリストにおける神性と人性の区別を明確にすべきだと主張し,聖母マリアへの〈テオトコス〉(〈神の母〉の意)の尊称に反対した。それに対しアレクサンドリア主教キュリロスらが強く反発し,教会政治上の思惑もからんで論争問題となっていた。公会議は最初から分裂会議となり,キュリロス派はネストリウスを異端とし,その罷免を決議した。…

※「キュリロス[アレクサンドリアの]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

キュリロス[アレクサンドリアの]の関連キーワードアレクサンドリア図書館エラトステネスオリゲネスコプト教会ネストリウス派カタリナアレキサンドリアアレクサンドリア文庫レクサンドアレクサンドロフスキー宮殿

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone