コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キリマンジャロ国立公園 キリマンジャロこくりつこうえんKilimanjaro National Park

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キリマンジャロ国立公園
キリマンジャロこくりつこうえん
Kilimanjaro National Park

タンザニアの北東部,キリマンジャロ山を中心とする国立公園。 1973年設定。面積 755km2山腹の密林地帯は変化に富んだ植生を示し,高湿度の南部ではクスノキヤマモモなどの下草シダ類生育,乾燥した北部ではオリーブなどが繁茂する。ブルーモンキーヒョウゾウクロサイなどがみられ,希少なアボットタイガーも生息する。 1987年世界遺産の自然遺産に登録。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

キリマンジャロ‐こくりつこうえん〔‐コクリツコウヱン〕【キリマンジャロ国立公園】

Kilimanjaro National Park》タンザニア北東部の火山キリマンジャロ一帯に広がる国立公園。面積約755平方キロメートル。1973年、国立公園に指定。1987年、世界遺産(自然遺産)に登録された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

キリマンジャロ国立公園【キリマンジャロこくりつこうえん】

タンザニアの北部,ケニアとの国境近くにそびえるアフリカ大陸の最高峰キリマンジャロ山(標高5892m)を中心とする国立公園。赤道直下に位置しながら万年雪氷河を有する山頂から熱帯気候のふもとまで,高山植物から熱帯雨林までのさまざまな植生がみられ,それに伴って多種多様の野生動物や鳥類が生息している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界遺産詳解の解説

キリマンジャロこくりつこうえん【キリマンジャロ国立公園】

1987年に登録された世界遺産(自然遺産)。タンザニア北東部、標高5895mでアフリカ最高峰のキリマンジャロの山域に位置する、面積約753km2の国立公園である。キリマンジャロの最高峰のキボ峰の山頂部には、熱帯にある山にもかかわらず20世紀後期まで巨大な氷河が存在していた。近年は、温暖化によるものか火山活動によるものか定かではないが、規模は減少しつつある。それでも、現在、年間を通じて氷河と雪を見ることができる。この山の山域には標高別に、氷河と雪、火山礫や砂に覆われた荒れ地、ヒースや草原地帯、そして熱帯雨林とさまざまな自然環境があり、アフリカゾウ、アフリカスイギュウ、シロサイ、ヒョウ、クロシロコロブス、トムソンガゼルのほか、クリイロタイガー、ヒゲワシ、ノドグロキバラテリムクドリなどの動物が生息している。◇英名はKilimanjaro National Park

出典|講談社世界遺産詳解について | 情報

キリマンジャロ国立公園の関連キーワードキリマンジャロ[山]入域料

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

キリマンジャロ国立公園の関連情報