コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キンク キンク Kinck, Hans Ernst

3件 の用語解説(キンクの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キンク
キンク
Kinck, Hans Ernst

[生]1865.10.11. エークスフョル
[没]1926.10.13. オスロ
ノルウェーの小説家。古い農民文化とデンマークから流入した新文化との対立相克に悩み,終生この問題を追求した作家で,死後高く評価された。代表作は『なだれ』 Sneskavlen brast (3巻,1918~19) ,『ヘルマン・エク』 Herman Ek (23) の連作。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

キンク(kink)

糸、ひも、ワイヤーなどにできるよじれ、ねじれ、もつれ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キンク
きんく
Hans Ernst Kinck
(1865―1926)

ノルウェーの小説家。北極圏フィンマルクの生まれ。古い農村文化を呼吸して育ち、それと新しい都会文化との相克に深い関心を抱く。ニーチェベルグソンらの「生命の哲学」の賛美者で、作品は深い形而上(けいじじょう)学的思索と社会的問題性を兼ね備え、広く読まれなかったが、識者の間には熱烈な支持者をみいだす。代表作に『ヘルマン・エク』(1896~98)、『雪崩(なだれ)来る』(1918~19)、『蝙蝠(こうもり)の翼』(1895)など。[山室 静]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キンクの関連キーワードダックスフントエークラス氷のスフィンクスザ・スフェリックスセックス・スフィア眠れるスフィンクスノックス for マークシート福岡ダイエーホークスチョーク・スフェアエー・ディー・ワークス

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

キンクの関連情報