コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギヨー Guyot, Arnold Henry

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギヨー
Guyot, Arnold Henry

[生]1807.9.28. スイス,ブドビエ
[没]1884.2.8. アメリカ合衆国,ニュージャージー,プリンストン
スイスの地理学者,地質学者。神学を志したが,ジャン=ルイ・ロドルフォ・アガシーと交わり,科学者の道を選んだ。ドイツでアレクサンダー・フォン・フンボルトやカール・リッターの指導を受けて地理学を修め,1839~48年ヌーシャテル大学で地理と歴史を講じた。1848年アガシーに従ってアメリカ合衆国に渡り,1854~84年プリンストン大学教授。地質学,気象学を研究し,氷河の調査や気象観測に業績を残し,アメリカの気象台の設置に力を尽くした。頂部の平らな海山ギヨー」はアメリカの地球物理学者ハリー・ハマンド・ヘス(1906~69)がギヨーの名にちなんで命名した。主著『大地と人』The Earth and Man(1849英訳)。

ギヨー
guyot

平頂海山ともいう。大洋底から 1000m以上そびえ立つ海山のうち,その頂部が海面から 200m以上深く,頂上部が平坦なものをいう。 1946年に H.ヘスが北太平洋で発見,地理学者 A.ギヨーにちなんで命名。その後南太平洋,アラスカ湾,インド洋,大西洋からも続々と発見され,全世界の大洋に広く分布していることがわかった。ギヨーの頂部は 200~2500mの深さにわたるが,多くは 1000~2000mの深さに分布する。頂部に玄武岩の円礫や浅海性の化石があることから,かつて海面に近いところで波食を受けたものが,なんらかの原因で沈降したことを示す。現在までに 1800mの深さのギヨーからは白亜紀,1000mのものから始新世の化石が発見されている。太平洋では西側ほど古い時代のギヨーが分布するとみられ,海洋底拡大説の根拠の一つにされる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ギヨー(guyot)

大洋底からそびえたつ、頂上の平らな海山。火山島が波食で平坦になり、徐々に沈降してできたもの。米国の地理学者A=H=ギュヨーにちなむ名。平頂海山。ギュヨー。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ギヨー

平頂海山とも。海山のうち平らで広い山頂を有するもの。頂部の径は数km以上,頂部の周縁に島棚状段丘を有し,平頂面深度はふつう1〜2km。最初アラスカ湾で記載されたが,米国の地質学者ヘスが中部太平洋で多数発見し,スイス生れで米国に移った19世紀の地理学者ギヨーにちなんで命名。
→関連項目海底火山海底地形

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

岩石学辞典の解説

ギヨー

海底からそびえ立つ海山で,頂上部が平らで広いものである.1946年にヘス(H. H. Hess)が発見し,スイスの地理学者であるギヨー[A. H. Guyot : 1807-1884]に因んで命名した.平頂海山ともいい,円形または長円形で火山性である.かつて頂上を海面上に現していた火山島が,波食によって頂上部が平坦にされたのち,沈降によって海山となったと考えられている.原因はプレート・テクトニクスが有力である.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ギヨー【guyot】

海山のうち山頂がほぼ平坦で水深が深いもの(〈海底地形〉の項目の図1参照)。平頂海山ともいう。1946年ヘスH.H.Hessにより北西太平洋で発見され,スイス生れのアメリカの地理学者ギヨーにちなんで名づけられた。その後世界各地で発見されている。中部太平洋のギヨーから白亜紀の造礁サンゴや二枚貝化石が採集され,ギヨーはかつて海面上にあった火山島が波食され,その平坦面上にサンゴ礁が形成されていたがなんらかの原因で2000m以上も沈下したものだとされた。

ギヨー【Arnold Guyot】

1807‐84
19世紀中葉のアメリカの地理学者,教育家。スイスのヌシャテル湖畔に生まれ,ヌシャテル大学を経て,1825年ベルリン大学に学ぶ。初め神学を志したが,地理学者K.リッターの講義を聞き,A.vonフンボルトと知るに及んで地理学に転向した。高等学校教師時代にはアルプスの氷河研究に熱中し,氷河学者としても一家をなした。46年同郷の親友,生物学者J.L.R.アガシーの招きによりアメリカに渡り(のちアガシーとともに帰化),ボストンで地理学の連続公開講義を行い,48年この講義を《地人論The Earth and Man》と名づけて刊行した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ギヨー【guyot】

〔スイス生まれのアメリカの地理学者アーノルド=ギュヨーの名にちなむ〕
大洋底からそびえる火山性の海山で、頂上が平らなもの。平頂火山。平頂海山。ギュヨー。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ギヨー
ぎよー
guyot

深海底からそびえたつ海山で、頂上部が平らで広いもの。発見者ヘスH. H. Hessが19世紀のスイス生まれの地質学者ギヨーA. H. Guyot(1807―84)の名にちなんで名づけた。日本では平頂海山ともよばれる。円形または長円形で火山性である。かつては頂部を海面上に現していた火山島が、波食によって頂上部が平坦(へいたん)にされたのち、沈降によって海山となったものと考えられている。沈降の原因には種々の仮説があるが、プレートテクトニクスによるのが有力である。[安井 正]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のギヨーの言及

【海底地形】より

… 海裂gapabyssal gap―海嶺または海膨の中の狭い切れ目。 ギヨーtablemount―guyot平頂海山ともいう。比較的滑らかな平らな頂上をもつ海山。…

【海底地形】より

…火山体が沈降を続けるとサンゴ礁は環礁となっていく。また,あるものはそのまま沈水してギヨー(平頂海山)となる。これら海底火山の成因およびその後の沈降という機構には,まだ解明されていない点が多い。…

※「ギヨー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ギヨーの関連キーワードユーイング(William Maurice Ewing)ヘス(Harry Hammond Hess)ギヨーム・ダティテーヌマーカスウェーク=ネッカー海嶺ヘースティングズの戦カンタベリー大聖堂ビレル・コトレ王令ニュージャージー州クリュニー修道院海山(かいざん)ジャン・ド・マンH.H. ヘスアカイア大公国ダーウィン海膨ミストラ遺跡ノルマン征服アナーニ事件正距方位図法ギヨーム事件

今日のキーワード

けものフレンズ

「けものフレンズプロジェクト」が展開するメディアミックス作品。略称は「けもフレ」。プロジェクト参画企業は株式会社ファミマ・ドット・コム、株式会社テレビ東京、株式会社KADOKAWAなど。マンガ家の吉崎...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android