コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギーディオン ギーディオンGiedion, Sigfried

4件 の用語解説(ギーディオンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギーディオン
ギーディオン
Giedion, Sigfried

[生]1893.4.14. レングナウ
[没]1968.4.9. チューリヒ?
スイスの美術史家,建築史家。工学を履修したのちミュンヘン大学の H.ウェルフリンのもとで美術史を学び,『後期バロックと浪漫的古典主義』 Spatbarocker und romantischer Klassizismus (1922) で学位を取得。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ギーディオン

スイスの美術史家,建築理論家。近代建築の擁護者として知られ,CIAM近代建築国際会議)の指導的存在として活躍。大著《空間・時間・建築》(1941年)は建築史における重要文献の一つ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ギーディオン【Siegfried Giedion】

1888‐1968
スイス生れの美術史家。近代建築運動の理論的指導者であり,CIAM(シアム)(近代建築国際会議)の事務局長として活躍(1928‐56)。《空間・時間・建築》(1941)は近代的な建築,都市計画の思考方法を説き,古典的著作となる。また,《機械化の文化史》(1948),《永遠の現在》(1962),《建築,その変遷》(1970)などの著書を通して,文明の内面,外面に認められる不変なるものを探求した。【杉本 俊多】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ギーディオン
ぎーでぃおん
Siegfried Giedion
(1888―1968)

スイスの建築史家および美術史家。同時に近代建築運動の理論的指導者としての活躍でも知られる。プラハ生まれ。ウィーン工科大学で機械工学を学び、続いてミュンヘン大学で美術史家ウェルフリンに師事して強い影響を受けた。1920年代初め、時代に特有の「空間概念」があるとする考えを示す論文を発表し、やがて28年の「近代建築国際会議」の発足にあたり書記長に就任、第二次世界大戦後までその仕事を続けた。41年に出した『空間・時間・建築』は、近代建築の空間性を「時空概念」という断面で鮮やかに解き明かして、世界中の建築界に決定的な影響を与えた。戦後には『機械化の文化史』『永遠の現在』『建築、その変遷』などの著作がある。[長谷川堯]
『太田実訳『空間・時間・建築』全2巻(1969・丸善) ▽栄久庵祥二訳『機械化の文化史』(1977・鹿島出版会) ▽前川道郎・玉腰芳夫訳『建築、その変遷』(1978・みすず書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ギーディオンの関連キーワード東京大学ウェルナー猪子吉人谷弥五郎林忠恕人見一太郎ミュラーバロウ型累進変成帯シュリーレン包有物

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone