コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クマヤナギ

百科事典マイペディアの解説

クマヤナギ

クロウメモドキ科のつる性の落葉低木。北海道〜九州の山地にはえる。葉は互生し,卵形で全縁,裏面は帯白色。花は7〜8月,緑黄色で小さく,先の円錐花序に多数つく。果実が熟すのは翌年の夏なので,一つのつるに花と去年の果実が同時に見られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クマヤナギ【Berchemia racemosa Sieb.et Zucc.】

枝が長くのび他物におおいかぶさったり,巻きついたりするつる性のクロウメモドキ科の落葉低木(イラスト)。枝は緑色で無毛。葉は卵形または長楕円形で全縁,側脈は明らかで,斜上し縁で内曲する。裏面は白色を帯びる。花は7~8月,枝の先端部に円錐花序をなして多数つく。萼片は5枚で,小型の花弁とその内側に包まれるように5本のおしべがある。果実は核果で5~7mm,赤くなった後,黒くなり,中に1個の核をもつ。北海道,本州,四国,九州,琉球に分布する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クマヤナギ
くまやなぎ / 熊柳
[学]Berchemia racemosa Sieb. et Zucc.

クロウメモドキ科のつる性落葉低木。枝は光沢があり、古くなると紫色を帯びる。葉は卵状楕円(だえん)形で、長さ4~6センチメートル、側脈は明瞭(めいりょう)、裏面は白色を帯びる。花は白色で、7~8月、枝の先の大形の円錐(えんすい)花序に多数つき、5数性で、5個の萼片(がくへん)、花弁、雄しべがある。果実は核果で、緑色ののち赤色に変わり、翌年の夏黒く熟し、甘く食用となる。枝はじょうぶで、かんじきの材料などになる。葉や枝を煎(せん)じて健胃整腸剤とする。日本全土の山野に普通に生える。関東地方以西の本州から沖縄には葉が大きい変種オオクマヤナギがある。クマヤナギ属は世界に約20種があり、日本には本種のほか4種が分布する。[門田裕一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

クマヤナギの関連キーワードその他の身近な山野草根粒バクテリアキチョウ黒梅擬科鉄擬

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android