クラウス(読み)くらうす(英語表記)Werner Krauss

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クラウス(Werner Krauss)
くらうす
Werner Krauss
(1884―1959)

ドイツの俳優。ゲストゥングスハウゼンに生まれる。1913年からベルリンのドイツ劇場(一時期ベルリンの州立劇場)を中心に活躍、48年にウィーンのブルク劇場に転じた。性格俳優として知られ、与えられた役柄になりきって不気味と感じられるほどの深みを示した。第二次世界大戦後ドイツとオーストリア各地の大劇場に出演。また、性格描写の優れた才能は映画でもよく発揮され、『カリガリ博士』(1919)や『ブルク劇場』(1936)は日本の映画ファンをも魅了した。[宮下啓三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クラウスの関連情報