コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラペイロン‐クラウジウスの式 Clapeyron-Clausius' equation

法則の辞典の解説

クラペイロン‐クラウジウスの式【Clapeyron-Clausius' equation】

一成分系で二つの相が熱力学的に平衡にあるとき,その平衡圧力を p,絶対温度を T とし,第一相の容積を V1,第二相の容積を V2 として,温度 T でこの物質を第一相から第二相へと単位量を可逆的に移すとすると,このときにこの物質が吸収する熱量を L12 とすれば

となる.クラウジウス‐クラペイロンの式*と書くこともある.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

クラペイロン‐クラウジウスの式の関連キーワードクラウジウス‐クラペイロンの式ポインティングの法則アントワーヌ方程式クラフツ則吸着等量線蒸気圧式化学定数容積

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android