クラペイロン‐クラウジウスの式(英語表記)Clapeyron-Clausius' equation

  • クラペイロンクラウジウスの式

法則の辞典の解説

一成分系で二つの相が熱力学的に平衡にあるとき,その平衡圧力を p,絶対温度を T とし,第一相の容積を V1,第二相の容積を V2 として,温度 T でこの物質を第一相から第二相へと単位量を可逆的に移すとすると,このときにこの物質が吸収する熱量を L12 とすれば

となる.クラウジウス‐クラペイロンの式*と書くこともある.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

今日のキーワード

朝三暮四

《中国、宋の狙公(そこう)が、飼っている猿にトチの実を与えるのに、朝に三つ、暮れに四つやると言うと猿が少ないと怒ったため、朝に四つ、暮れに三つやると言うと、たいそう喜んだという「荘子」斉物論などに見え...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android