クラーナハ[父](読み)クラーナハ

百科事典マイペディアの解説

クラーナハ[父]【クラーナハ】

ドイツの画家,版画家。クローナハの生れ。初めウィーンの宮廷に出入りし,のち1505年ウィッテンベルクでザクセン選帝侯の宮廷画家となり,初期の宗教的な作品から歴史画・神話画に転じた。また1508年か1509年ころに初めて女性裸体画を描き,独特の官能性をたたえた女性像で知られるようになった。ルターをはじめとする知人たちの肖像画は鋭い性格描写によって広く知られている。代表作としては《ビーナスアモル》(1509年,エルミタージュ美術館蔵)をはじめとする数々のビーナス像や《キリストの磔刑》(1503年,ミュンヘン,アルテ・ピナコテーク蔵),《クスピニアン夫妻像》(1503年ころ,スイス,ビンタートゥール,オスカー・ラインハルト・コレクション)などがある。なお父と同名の息子も画家となった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android