コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリア・レギス クリア・レギス Curia Regis

2件 の用語解説(クリア・レギスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クリア・レギス
クリア・レギス
Curia Regis

イギリス,ノルマン朝時代の中央の政治機関。王政庁,王会とも訳される。王の主宰のもとに,王の家政を司る側近の臣下および直属封臣によって構成され,行政,司法,立法の諸機能を果した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

クリア・レギス

原義は〈王の会議〉。カペー朝フランスにおいて封建諸侯を構成員として開催されたが,13世紀には衰微し,その機能は全国三部会にとって代わられた。しかし国王の側近からなる狭義のクリア・レギスは国王の行政を担当する機能をもつ会議体として残存し,やがて高等法院Parlementと会計法院Chambre de comptesがそこから分離したが,残る評議会Conseilは国王の補佐機関としての役割を演じつづけた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

クリア・レギスの関連キーワード西フランク王国フィリップカペー朝フランス装ユーグカペーガスペーカペー四重奏団フィリップ[2世]クリア・レギスユーグ・カペー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone