コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリア・レギス クリア・レギスCuria Regis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クリア・レギス
Curia Regis

イギリス,ノルマン朝時代の中央の政治機関。王政庁,王会とも訳される。王の主宰のもとに,王の家政を司る側近臣下および直属封臣によって構成され,行政司法立法の諸機能を果した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

クリア・レギス

原義は〈王の会議〉。カペー朝のフランスにおいて封建諸侯を構成員として開催されたが,13世紀には衰微し,その機能は全国三部会にとって代わられた。しかし国王の側近からなる狭義のクリア・レギスは国王の行政を担当する機能をもつ会議体として残存し,やがて高等法院Parlementと会計法院Chambre de comptesがそこから分離したが,残る評議会Conseilは国王の補佐機関としての役割を演じつづけた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

クリア・レギスの関連キーワードイギリス議会史イギリス弾劾

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android