コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリスティーナ(英語表記)Christina

百科事典マイペディアの解説

クリスティーナ

スウェーデン国王(在位1632年―1654年)。グスタフ2世の娘。幼年で即位し,宰相オクセンシェーナ伯に助けられ,1644年以後親政。従兄カール10世に譲位後,諸国を旅行し1668年以後ローマに定住。学芸を愛好し,グロティウス,デカルトらと親交。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クリスティーナ【Kristina】

1626‐89
スウェーデン女王。在位1632‐54年。グスタブ2世アドルフの娘。精神不安定の母を避けて伯母に養育され,男子同様の教育を受けて7ヵ国語を習得し,哲学,神学,狩猟を好んだ。18歳で親政を行ったが,愛寵者に王室領を下賜して財政危機に陥らせた。学芸を愛好し,デカルトを招聘するなど内外の文化人と親交を結んだが,統治への熱意が薄れ退位した。のちカトリックに改宗してローマで生涯の大半を過ごした。【清原 瑞彦】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クリスティーナ
くりすてぃーな
Kristina
(1626―1689)

スウェーデン女王(在位1632~54)。グスタフ2世の娘。父の死後6歳で即位。18歳で親政するまで男子同様の教育を受け、7か国語を習得し、哲学や神学に深い関心をみせ、また乗馬、狩猟も好んだ。親政後、政治にはある程度の熱意を示したが、愛寵(あいちょう)者などに王室領を与えて財政危機に陥らせた。その反面、学芸を愛好して知識人を宮殿に招いたり、外国の高名な文化人と親交を結び、なかでも哲人デカルトを王宮に招聘(しょうへい)したのは有名な話である。許嫁(いいなずけ)の従兄(いとこ)との結婚を断り、また旧教に改宗する態度を表して統治権への熱意を失い、自ら退位した。その後正式に旧教徒となり、ローマで生涯の大半を過ごして同地で死去した。多数の哲学的至言を後世に伝えている。[清原瑞彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のクリスティーナの言及

【スウェーデン】より

…外交面で国王は三十年戦争に介入し,新教徒の英雄として活躍し,バルト帝国を確固たるものにした。国王の戦死後,一人娘のクリスティーナ(在位1632‐54)が王位を継いだが(44年までは後見人がおかれた),学芸を愛好して政治に関心を示さず,財政危機に陥らせ,みずから退位したためバーサ朝は絶えた。その後の王は財政再建を試みて諸改革を行ったが,貴族との対立を深めた。…

※「クリスティーナ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クリスティーナの関連情報