コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

A Christmas Carol クリスマスキャロルA Christmas Carol

デジタル大辞泉の解説

クリスマスキャロル【A Christmas Carol】[書名]

ディケンズの小説。1843年刊。守銭奴スクルージがクリスマスの前夜に見た夢によって改心し、人間らしい心を取り戻す。

クリスマス‐キャロル(Christmas carol)

クリスマスを祝って歌う歌。クリスマスカロル。 冬》
[補説]書名別項。→クリスマスキャロル

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

クリスマスキャロル【Christmas carol】

クリスマスを祝う賛美歌、祝歌。

クリスマスキャロル【A Christmas Carol】

ディケンズの小説。1843年刊。守銭奴スクルージの悔悟を通してキリスト教信仰をあらわす。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

A Christmas Carolの関連キーワードロベルト インノチェンティセルジオ マルティネスアルバート フィニーロバート ゼメキス御使いうたいてビリャンシーコキャロル(歌)岩波少年文庫成尾公生多清しこの夜土田真里恵本城雄太郎川島なお美高丸えみり山口ゆかり愛原実花ゼメキス相澤美穂黒神龍人山村美智

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android