クリノメーター(読み)くりのめーたー(英語表記)clinometer

翻訳|clinometer

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クリノメーター
くりのめーたー
clinometer

地質調査に使う簡易測量器具。傾斜儀ともいう。基本的には、磁石と水準器と振り子からなる。鏡付きの蓋(ふた)やハンドレベル(水平を見通す器具)の付属しているものもある。主として地層の走向、傾斜の測定に用いるが、普通の磁石と同様、方位を測ることもある。まずクリノメーターの長辺を地層面に当て、水準器で水平を保つ。そのときの磁針の示す方位が走向である。N20゜Eなどと北から東または西へ何度振れているかで表す。方位を直読できるよう、東西が普通の磁石と反対に刻印されている。次にクリノメーターを立て、長辺を走向に直角に当てる。そのときの振り子の示す角度が地層の傾斜角である。走向と直交し沈下していく向きを磁石で測り、30゜Eなどと傾斜角に方位を添えて表す。なお、日本では2000年代中ごろにデジタルクリノメーターが開発されており、これを層理面に当てるだけで、走向・傾斜の両方の数値が表示されるようになっている。デジタルクリノメーターには、任意の偏角補正機能や、測定データのメモリー機能がついており、多くのデータを収集するときに威力を発揮する。

[岩松 暉・村田明広 2016年2月17日]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

クリノメーター

傾斜計,傾斜儀とも。傾斜の角度を測る器械地質学で用いるものは地層走向と傾斜の両方を測るもので,12cm×7cmくらいの板にはめこんだ磁石と水準器を用いて走向を測り,磁石ののまわりを自由に回転できるおもりで傾斜を測る。そのほか航空機の傾斜計鉱山測量用のもの,工場で機械の組立てなどのときに部品の傾斜を測るものなどがある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

クリノメーター

〘名〙 (clinometer) 地層の走行方向や傾斜を測定する計器。また、工作物の角度や機械部品などの傾きを測定したり、鉱山測量にも用いられる。傾斜計。傾斜儀。測斜計。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クリノメーター【clinometer】

傾斜計,傾斜儀ともいう。傾斜を測定する器具で,地質調査用,気象観測用,鉱山用,工場での計測用などさまざまなタイプのものがある。地層の分布,変動量,構造を探るために用いられたものが一番古い。地質学用のクリノメーターは,磁石,水準器,ハート形のを組み合わせた簡便な測角器具である。地層面のみならず岩石一般にみられる節理面,葉理面などの面構造や,各種の線構造を野外で直接的に計測する。地形図上での位置の決定やルートマッピングの際の簡単な測量にも利用され,地質調査になくてはならない器具である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android